福岡県 中間市のふるさと納税のご紹介

 

福岡県 中間市のご紹介

福岡県中間市は北九州市八幡西区と鞍手郡鞍手町と隣接しており、筑豊炭田の一角で栄えていましたが、昭和50年までには500以上あった炭鉱の全部が閉鎖となりました。人口も大きく減りましたが徐々に持ち直し、今では北九州市のベットタウンとして復活し、今では人口約42,000人となり、大型スーパーやドラッグストアなどもあり、生活には便利な町となっています。北九州市若松市の若松駅からJR筑豊線で行くことができ、北九州市八幡西区の黒崎駅と直方市のから筑豊電鉄で行くことができます。福岡市の天神西鉄バスターミナルから高速バスでのアクセスも可能です。「遠賀川の水源地ポンプ室」は、世界遺産の「明治日本の産業革命製鉄・製鋼、造船、石炭産業」を構成している建物で1910年にレンガで作られ今でも稼働中です。中間市の遠賀平野では水田農業地帯で米造りが盛んです。作られた米は地元の小学校の給食にも使われています。米のほかには、イチジク、イチゴ、トマト、アスパラガスが作られており、これらは「新鮮市場さくら館」で販売されています。ここでは地元の野菜果物はもちろん国内産の精肉、魚介類や弁当総菜やパンなどなんでもそろっています。米は「コシヒカリ」、「夢つくし」、「元気つくし」という3品種が主に作られていて、中でも夢つくしは収穫量が一番多いです。イチゴは「あまおう」、イチジクは「とよみつひめ」、「ほうらいし」、「ますいドーフィン」の生産が多いです。

中間市がおすすめする人気の特産品・返礼品

中間市では、5,000円以上で金額に応じた7つの区分に分けられた60種類以上の返礼品が用意されています。今であまり食べることができないクジラのベーコンや、おすすめのメカブや明太子など、地元の海産物や野菜、果物などの特産品があります。定期的に送られて来る肉や野菜などもあり、人気があります。また、年に数回キャンペーンが行われ定番以外のものがあることがあります。時期が限られていることもあるので、寄付金を送る時期など確認することが必要です。

中間市のふるさと応援寄附金の使い道

中間市にいただいた寄付金は、世界遺産である遠賀川水源地ポンプ室の保全活用、観光資源の発掘・観光事業の活性化、子育て対策、地域経済の活性化、教育環境の充実などに使われます。何に使ってもらうか決めきれないときは、一任することもできます。どれも中間市では重要な事業であり、費用が掛かります。若い人に住んでもらうためには、子育てや教育に関することを充実させることが必要です。観光客に来てもらうためには世界遺産やほかの観光地を充実させる必要があります。

福岡県 中間市の返礼品ページ

福岡県 中間市のホームページ
http://www.city.nakama.lg.jp

SNSでもご購読できます。