福岡県 上毛町のふるさと納税のご紹介

福岡県 上毛町のご紹介

上毛町は、福岡県東部の築上郡に属し、人口約7,400人の町です。西部は豊前市、北部は吉富町、山国川を境に大分県中津市と隣接しています。町の北部は平野が広がっていて、南部は山地が占めています。上毛町は江戸時代には中津藩の領地であり、明治時代には山国川を境にして大分県と二つに分割されましたが、現在も大分県の中津市と関係が強く、2005年の国勢調査では町内通勤、通学者の中で約20%が中津市へ通勤通学しており、中津市都市部の経済圏に属しています。文化からも中津市の影響が強く見られ、市外局番や郵便番号も中津市と同一の番号を使用しています。観光名所としては、まず道の駅しんよしとみが挙げられます。国指定文化遺産の大野瀬官衛遺跡が隣接していて、全国的にも珍しい史跡一体型道の駅となっています。両施設を連結している回廊ではくつろぎとやすらぎのイベントが開催され、交流工芸館では桃屋・甚兵衛という和菓子処や和竿工房、クレイアートや雑貨の販売も行っています。フードテラスで自家製米ごはんとオリジナルカレーや小麦胚芽のパンに特製ウィンナーを挟んだホットドッグなどと豊富なメニューを揃えています。他にもほたるの里では毎年5月下旬から6月中旬あたりまで、ホタルをたくさん見ることができ、幻想的な世界が広がります。ホタルの繁殖期になると、たくさんのホタルが集まり乱舞する「ホタル合戦」を見ることもできます。またさわやか市・大平では上毛町で獲れた新鮮な野菜をはじめ、手作りのお弁当やお菓子などが並び、価格も驚くほど安いため、平日でもたくさんの方が訪れます。年間を通して様々なイベントも行われ楽しめます。

上毛町がおすすめする人気の特産品・返礼品

上毛町の返礼品のおすすめは大人気の肉類です。特産品の自然溢れる水質水源に恵まれた畜産王国の九州で育った豊優牛は、牧場も厳選の指定牧場にて飼育から店頭での販売に至るまで厳しく選別された牛達にのみに名付けられたものです。豚肉はあそび豚と言われ、伏流水を飲んで育ち、環境に配慮された快適な豚舎で大事に育てられています。広い豚舎では床面にオガコを敷く発酵床という自然に近い環境にされており、豚へのストレスが少ないことなどが特徴としています。そんなあそび豚は柔らかな肉質と甘みのある脂が特徴です。

上毛町のふるさと応援寄附金の使い道

上毛町への応援寄付金の使い途は寄付した人が選ぶことができます。活気ある元気なまちづくりの事業子育て、保健、医療や福祉の充実と安全で安心な暮らしを送るための施策、定住・交流人口の拡大などへの取り組みを行います。魅力溢れるひとづくり事業人材の育成や教育の充実、そして文化とスポーツ活動を振興するための施策、コミュニティにおける活動の充実、見識を広める活動、体験などへの取り組み。輝くものづくりの事業農林業や地場産業の振興や観光事業の振興、また企業誘致や地域ブランド化への取り組み。町長が必要と認めるその他の事業へお任せ。以上の4つの事業より指定出来ます。

福岡県 上毛町の返礼品ページ

福岡県 上毛町のホームページ
http://www.town.koge.lg.jp