福岡県 筑前町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

福岡県 筑前町のご紹介

福岡県筑前町は筑紫平野の北部に位置する平成17年、旧夜須町と旧三輪町が合併したことにより誕生した町です。久留米市を始め、福岡県の都市圏と近接しているため、近年人口が増えている地域となっています。この地域を含む甘木朝倉地域は邪馬台国の候補地として挙げられており、古代より開けた地域として繁栄し、「焼ノ峠古墳」や「仙道古墳」など古代からの遺跡や出土品が多く残されています。また、日本最古の神社といわれている「大己貴(おおなむち)神社」や700~800年前から続くといわれている秋季大祭「おくんち」など、歴史ロマンに触れることができる地域でもあります。この他にも「大刀洗平和記念館」では、第二次世界大戦中の旧日本軍の戦闘機を見ることができ、戦前は東洋一と謳われ昭和20年3月の大空襲で壊滅した大刀洗飛行場の歴史や戦争の悲惨さを見聞きすることができます。筑前町では歴史だけでなく、自然とも多く触れ合うことができます。森林散策やアスレチックなどを楽しめる「夜須高原記念の森」や、四季折々の花が美しく芝生広場などで遊ぶことができる「安の里公園」など、お子様からお年寄りまでの幅広い世代で、自然と戯れながら楽しむことができる施設が整備されています。古くから農業が盛んな筑前町の特産品には米や麦、大豆などがあり、特にやさしい甘さが特徴の黒豆「筑前クロダマル」や幻の柑橘といわれる「木酢」など、この地域ならではの農産物が人気を集めています。

筑前町がおすすめする人気の特産品・返礼品

筑前町の返礼品には、筑前町の特産品である野菜や小麦、米などの商品が人気を集めています。特に筑前クロダマルを使った加工品「筑前クロダマル加工品セット」や「木酢サイダー」など、ここでしか味わえない特産品を自宅でも気軽に堪能することができます。また筑前町で作られたお米を新鮮な卵と一緒に味わえる「たまごごはんセット」や、筑前町産のお米を発送前に精米する「お米食べ比べセット」も地元の味を存分に味わえることができおすすめの返礼品です。

筑前町のふるさと応援寄附金の使い道

筑前町のふるさと応援寄付金は、筑前町にある「大刀洗平和記念館事業に使われています。「大刀洗平和記念館」は、戦争の悲惨さや平和の大切さ、大刀洗飛行場の歴史を伝える施設で、施設の運営や戦跡の保存のための事業にふるさと応援寄付金が使われています。またファーマーズマーケットみなみの里での出荷者育成への支援や、子育て支援策の1つである赤ちゃんの駅事業、毎年11月に開催される「ど~んとかがし祭」の運営にも使われています。

福岡県 筑前町の返礼品ページ

福岡県 筑前町のホームページ
http://www.town.chikuzen.fukuoka.jp/1591.htm