愛媛県 砥部町のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

愛媛県 砥部町のご紹介

愛媛県の中央部、中予地方にある砥部町は、200年以上の長い歴史を持つ伝統工芸品の「砥部焼」が全国的に知られている町です。隣接する松山市のベッドタウンにもなっている砥部町は、住んでも訪ねても魅力的な町づくりを目指して宅地の開発が進んでいる地域でもあります。

町を代表する特産品の「砥部焼」は愛媛県の無形文化財にも指定されている伝統工芸品です。食器や花器を中心とした製品が多く作られていて、手作りで成形されたやや厚い白磁の材質に、呉須という淡い藍色の手書きで描かれた模様が特徴の陶磁器です。重量感のある丈夫な作りであることから欠けやひび割れが入りにくく、その品質の高さと独特の味わいのある風合いが人気で、讃岐うどんの器としても多く用いられています。

町内ではネーブルオレンジや伊予柑など様々な品種のみかん、七折地区で栽培されている梅、豊かな自然環境を活かした高原野菜や自然薯、しいたけなどの農作物が特産品となっています。

観光名所には、町の歴史や自然、文化、伝統工芸品の砥部焼に関わりのある53のスポットを巡る陶街道五十三次が注目を浴びています。その名の通り、東海道五十三次からヒントを得て名付けられ、日本風景街道にも認定されました。

そんな陶街道五十三次のスポットの一つ、とべ動物園は国内で初めて人工哺育で育てられたホッキョクグマのピースがいる動物園として全国的にも知られています。動物の特徴を活かしたユニークな展示が魅力の動物園で、生態学や地理学に基づいて分類されたストリートを探検形式で巡ることができ、子どもから大人まで楽しめる人気の観光スポットです。

砥部町がおすすめする人気の特産品・返礼品

砥部町では応援寄附金の返礼品として、地元で収穫されたみかんをはじめ、地元産の果物を使用したジュースやリキュールのセット、人気の地酒などが用意されています。中でもおすすめは、地元の特産品である砥部焼です。その種類も豊富で、普段使いにも便利なお椀やそばちょこのセット、丸皿のセットなどがあります。また地元の魅力を体感できる体験型の返礼品も充実していて、町の観光名所とべ動物園の年間パスポートや、町内の人気施設の宿泊券やお食事券も注目されています。

砥部町のふるさと応援寄附金の使い道

砥部町では町づくりに関する次の事業に寄附金を活用しています。
1.健やかに生活できる環境整備に関する事業(保健や福祉、医療の充実)、2.豊かな生活環境および都市基盤の実現に向けた事業(防災・防犯対策、ごみや生活排水等の環境整備など)、3.地域で育むことを大切にした教育や文化に関する事業(教育に関わる支援の体制づくりや施設整備、スポーツや文化振興、伝統文化等の継承など)、4.活気あふれる産業、観光の振興に関する事業(地元産業の発展や生産力のさらなる強化、観光資源の発展)のような事業へ活用されています。

愛媛県 砥部町の返礼品ページ

愛媛県 砥部町のホームページ
http://www.town.tobe.ehime.jp/soshiki/34/furusatonouzei.html

SNSでもご購読できます。