愛媛県 久万高原町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

愛媛県 久万高原町のご紹介

高知県との県際圏と石鎚山系、皿ヶ峰連峰を北東部に背負っており、南西部には四国カルスト県立自然公園に囲まれている久万高原町は、旧久万町と面河村、美川村、柳谷村の4つの町村が2004年に合併した、高原の町となっています。愛媛県のほぼ中央にあり、人口は8,598人、松山から国道33号線を通り三坂峠を越え、松山中心部から約34kmとなっています。

標高1,000mを超えている四国山地に囲まれている山間地域となっており、土佐湾へ流れ込んでいる仁淀川から分岐している、面河川と久万川が縦に走っている水源地域となっています。緑が溢れる森林と仁淀川水系が生み出す水辺環境と共に、美しい自然に恵まれており、更に松山市と隣接していることもあり、都市との交流地域、近郊の農村地域、周辺の住宅地として自然的かつ地理的特性を有しているのが特徴です。

夏場の冷涼となる気候を活かして栽培している「高原野菜」のサラダ菜やリーフレタスは、地元の特産品となっており、そのまま食べることができるのが特徴です。また清らかな水と昼夜の気温差が激しい環境で育った「久万米」は、食味が豊かで全国的にも好評を得ているお米となっています。

また日本三大カルストの一つであり、壮大な景勝地である「四国カルスト」、国の天然記念物に指定されており、特に水量が多い時は水の轟音と勢いが圧巻の「八釜の甌穴」、日本七霊山の一つとして名高い「石鎚山」など、自然が生み出す絶景に圧倒される観光名所が多くあります。

久万高原町がおすすめする人気の特産品・返礼品

久万高原町の人気の返礼品は、お米やお味噌、お菓子といった地元の特産品が詰め合わせになった、毎年年末に送付される「久万高原の特産品」となっています。おすすめの返礼品としては、帰省や旅行の時に活用することができるよう、町立久万美術館や久万高原天体観測館、上黒岩遺跡考古館、面河山岳博物館の「無料入館証(年間パスポート)」です。久万高原を目一杯楽しむことができますね。また、1年間毎月広報を送付する「広報久万高原」もおすすめとなっています。

久万高原町のふるさと応援寄附金の使い道

寄せられた寄附金は、山林や農地保全、並びに担い手育成を図る「山や川、田畑などの農村環境や文化、豊かな自然を守るふるさとに」、子どもたちへ防犯グッズの配布、お年寄りと障がい者へ車いすなどの購入補助を行う「お年寄りや子どもと障がい者にやさしいふるさとに」、お年寄りや障がい者へ火災報知機購入補助を行う「みんなが安心で安全に暮らせるふるさとに」、町立図書館の読み物や資料を充実させる「活き活きと情報発信しているふるさとに」、「町長におまかせします」の5つの事業の中から、活用先を納税者が選ぶことができます。

愛媛県 久万高原町の返礼品ページ

愛媛県 久万高原町のホームページ
http://www.kumakogen.jp/modules/furusatonouzei/