愛媛県 今治市のふるさと納税のご紹介

愛媛県 今治市のご紹介

今治市は愛媛県の北東部に位置し、人口は約16万人と県内2番目に多く、四国地方で見ても各県庁所在地に続いて5番目となっています。
瀬戸内海を望む風光明媚な景観と、村上海賊の海城址や大山祇神社などの歴史的遺産を有する観光都市として、また日本の海運企業が所有する外航船の4割ほどが今治の船主が占めているなど造船、海運都市として将来を期待されています。そんな同市は、古くから瀬戸内海の海上交通の要所で、海とともに発展してきました。

80年以上の歴史を持つ今治港は、平成8年に四国初となるコンテナ用ガントリークレーンの設置がされたことで、国内外の物流を支えています。市内には14もの造船所があり、日本国内でも有数の造船団地を形成しています。
また工業都市でもあり、造船業やタオルの地場生産、縫製が盛んです。特にタオルの生産は全国の生産高の5割を占めています。

そんなタオル生産の町らしく、タオル美術館なるものも存在します。
環境を生かした柑橘類の生産や木材などの農林業、漁業なども盛んに行われています。最近では、しまなみ街道サイクリングという日本初の海峡を横断する自転車道があり、人気のサイクリングルートとなっています。
しまなみ街道一番の名所である亀老山展望公園などは、来島海峡と来島海峡大橋を一望できる絶景ポイントであり、時間がある方は是非亀老山を登ってみるとよいでしょう。平安時代以前は伊予国国府が置かれていて、江戸時代は、今治藩今治城の城下町として発展してきた城下町としての趣を感じながら、瀬戸内海のグルメを堪能できるコースとなっています。

名物のグルメには今治焼き鳥や今治焼豚玉子飯もあり、地元の味を堪能できます。

今治市がおすすめする人気の特産品・返礼品

今治市の返礼品のおすすめは、なんといっても特産品であるタオルです。縦と横の糸の密度を少し甘くした生地に、甘撚りの糸を合わせており、綿本来の優しい柔らかさを感じることができ、肌が弱い人でも安心して使用できてとても人気です。
また、デザインも様々でいろんな種類の作りのタオルから好きなものを選ぶことができます。またタオル作りの技術を生かしたガーゼマフラーなども肌に優しく、プレゼントにも最適です。
他にも、今治産のサザエや趣向を凝らした愛媛の特産品を使ったお菓子などがあります。

今治市のふるさと応援寄附金の使い道

今治市の応援寄付金は、5つのテーマより選ぶことができます。1今治を元気にする、海運業を生かしたまちづくりや国際海事展の開催、今治タオルプロジェクトの推進など、2今治の人を育てる、子供を中心とした豊かな人間性を育む教育推進や子育て支援、少子化対策のための移住、交流の促進にスポーツの振興など、3今治を守る、安心して暮らせる安全なまちづくりや高齢者、障害者福祉の推進、瀬戸内海の環境保全、環境教育プログラムなど、4その他、5市町にお任せ、以上の5つです。

愛媛県 今治市の返礼品ページ

愛媛県 今治市のホームページ
http://www.city.imabari.ehime.jp/siminzei/furusato-nouzei/