千葉県 四街道市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

千葉県 四街道市のご紹介

四街道市は千葉県の北部にあり、千葉市へは約8キロメートル、都心へは約40キロメートルの圏内にあります。千葉市、佐倉市に隣接しており、広域幹線道路である国道51号線や東関東自動車道が縦断しています。昭和30年に千代田町と旭村が合併し、現在の四街道市が誕生しました。その後、大型団地が次々と誕生し、今では首都圏のベッドタウンとして多くの市民が暮らしています。地名の由来は現在の「四街道十字路」に駒形方形の道標石塔が建立しており、かつては4つの街道が交わっていたことから名が付いたとされています。大都市でありながら自然が調和した環境に恵まれており、中でも市内にある「福星寺しだれ桜」は徳川家康ゆかりの金光院(福星寺の親寺)から株分けされたしだれ桜が根付き、見頃には素晴らしい花を咲かせて近隣からの見物客の目を楽しませています。また、以前、四街道駅南口の道路沿いには228基ものガス灯が立ち並び、長さ約2,300mと日本一の長さを誇っていました。その後LED化されましたが、毎年、「四街道ガス灯ロードレース大会」が開催され、全国各地より約3,400人のランナーが集い賑わいを見せています。四街道市は近郊農業地帯として昔から農業が盛んに行われてきました。特に落花生、梨、いちごは特産品として全国に出荷されています。そのほか戦後まもなく、鹿放ヶ丘産の小麦を自家製で作ったパンを当時のレシピをそのまま再現させた「鹿放のパン」はご当地グルメとして、市民に親しまれています。

四街道市がおすすめする人気の特産品・返礼品

千葉県四街道市の返礼品のおすすめは市の特産品である「落花生 箱入り詰め合わせ」が人気です。味がよいと評判の千葉県産半立種のみを使用しており、おやつやお酒のおつまみとしても喜ばれます。また、地元で収穫された「四街道の厳選地元野菜の詰め合わせ」も新鮮な野菜が種類豊富に入っており、季節ごとのいろいろな味が堪能できると、幅広い世代に好評を得ています。そのほか、「株式会社ファミリー・フーズ」による手包みしたジャンボ餃子が味わえる「点心ファミリーセット」も人気の返礼品です。

四街道市のふるさと応援寄附金の使い道

四街道市へふるさと納税で頂いた返礼品の皆様の寄付金は、四街道市のまちづくりの為、元気な子ども達の育成や障害のある方も住みやすい環境づくり、災害や犯罪などの不安が少なく、安全に暮らせる市民生活の確保、文化活動、学習活動、スポーツ活動に親しめる為の家庭・地域・学校による連携の推進、自然を大切にした暮らしやすい環境の醸成、活発な地域間交流や経済活動による地域活性化、市民が参加できるまちづくり及び地域活動などの事業に役立てたいと考えております。また、市長が必要だと判断して事業にも有効活用いたします。

千葉県 四街道市の返礼品ページ

千葉県 四街道市のホームページ
https://www.city.yotsukaido.chiba.jp/miryoku/hurusato/furusato_kifu_henrei.html