千葉県 横芝光町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

千葉県 横芝光町のご紹介

千葉県の横芝光町は、平成に入ってから横芝町と光町が合併して誕生した人口約2万3千人の町です。合併前の横芝地域の特徴は、下総台地と九十九里平野に細長く広がる地形と北部の台地に柴山古墳群である殿塚、姫塚、また、伊能忠敬が少年時代に暮らした神保家等があります。一方、光地域は両総用水ともなる栗山川が流れ、米作りや園芸栽培に加えて養豚業が盛んな地域でした。合併後の横芝光町の状況は、東京中心部より約70㎞圏にありベッドタウン的な機能を備え、千葉市からも約40㎞、成田国際空港からは約30分の位置にあります。千葉東金有料道路にアクセスする銚子連絡道路が開通し、交通の利便性が高まっています。地域の気候は、黒潮の影響から夏が涼しく、冬は暖かいという理想的な住みやすい町です。産業経済は、もともと農業が主要産業でしたが、成田国際空港の開港に伴って栗山、中台工業団地が造成され工業化も進んでいます。現在でも農業や養豚業は盛んに行われており、温暖な気候や豊かな水と土地に恵まれ、高品質な農畜産品を生産しています。特に、農業は米作りを中心に野菜と園芸をアソートした栽培経営に力を入れている農家が多いです。特産品にもなっているスィートコーンやブランド化された長ネギのひかりねぎは全国的にも有名です。その他、トマトやカボチャ、ブロッコリー等幅広い栽培方法をとる農家も増加しています。また、専門特化型ビジネスとしてイチゴを専門に栽培する農家が増えており、町を代表する農産物が拡大しています。

横芝光町がおすすめする人気の特産品・返礼品

横芝光町を代表する特産品は、長ネギです。横芝光町で生産される農作物の中で、ブランド化され、ひかりねぎの名前で全国発信されています。その他、スィートコーンや地酒、お米等も挙げられます。ふるさと納税寄附金に対する返礼品の内容は、継続し人気の高い横芝光産のお米4種セットやこしひかりの深田のお米です。その他、地元の朝獲れ野菜詰合せセットや千葉県産豚の房総ポークスライス肉、切り身セット、地酒と梅酒セット等がおすすめです。

横芝光町のふるさと応援寄附金の使い道

横芝光町のふるさと納税寄附金を活用した取組みは、町のハード面とソフト面をバランスよく仕分けし施策化された取組みに活用されています。主な内容は、恵まれた自然環境である水や緑、素晴しい景観などを将来まで維持する管理業務の支えとして使用しています。また、安心して暮らせる町として、避難施設や避難掲示物等の修繕や防災備蓄品の確保など防災機能を充実させる施策に反映させています。基幹産業である農業の更なる振興へ、栽培経営のお手伝いや資金相談など相談できる体制を整え助成する制度に充当させています。

千葉県 横芝光町の返礼品ページ

千葉県 横芝光町のホームページ
http://www.town.yokoshibahikari.chiba.jp/kurashi/tetsuduki_todokede/post.html