千葉県 東金市のふるさと納税のご紹介

千葉県 東金市のご紹介

東金市は、千葉県の中東部の九十九里平野にあります。古くから、農業・商業といった産業を中心にして発展してきました。首都圏から50km圏に位置し、東京行きへの快速電車も乗り入れているので都心へのアクセスにも便利です。人口は約6万1千人です。その歴史は旧石器時代から始まっています。最も古い遺跡は縄文時代早期の約7000年前と思われるものが発見されており、他にも多くの遺跡が残っています。東金の礎を築いたのは、室町時代の土気城主・酒井小太郎定隆です。現在の街並みの原型である城下町も築かれました。東金には観光できるスポットが多くあります。歴史の深い町ですので、歴史を感じる事のできる史跡も多いです。僧侶・歌人である西行が旅の途中、小野小町伝説をたどって市内の山田地区に立ち寄り残したと言われている、「墨染桜」と「貴船神社」や平将門に由来する史跡「帝立山 妙善寺」など、巡る事ができます。また、自然を感じられる場所も多くあります。東金は「桜の都」としても有名で、市内には桜の見どころスポットもたくさんあります。「八鶴湖」はその代表的な場所で、桜以外にも一年を通じて草花や野鳥を観賞できる憩いの場所でもあります。東金の名産品は、いちごや金山寺みそをはじめ、地場野菜も多く採れ、道の駅「みのりの里 東金」では地場野菜や特産物を購入できるマルシェも開催されています。「黒豆みそ」は、黒豆で作られた風味の豊かな東金特産のみそです。他にも、深い甘みと黒豆の香ばしさが特徴の「東金黒豆みそ鍋」をご当地鍋として作り、東金市・九十九里町の6店舗で味わう事ができます。東京方面からのアクセスは、電車では京葉線で約一時間、車では京葉道路か東関東自動車道から千葉東金道路で約一時間です。

東金市がおすすめする人気の特産品・返礼品

東金市の返礼品には、地元の味を楽しめるものを中心に数多くの種類から選ぶ事ができます。食べ応えのある大粒な果肉で、酸味と甘味のバランスも抜群の新品種いちご「チーバベリー」のセットやいちごそのものではなく、いちご狩りを楽しめるチケットも人気です。他にも、独特の網模様が芸術的で、エレガントな香りのメロン、「千葉アクアメロン」も贅沢な一品です。鎌倉時代に製法が広まった特産品の「金山寺みそ」が入った詰め合わせのセットも日持ちも効くのでおすすめです。

東金市のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄付金は、東金市に暮らす市民が今もそして未来も東金で暮らしていてよかった、と思う事ができるよう、よりよいまちづくりの為に使われています。子供たちがより良い教育を受けられるための環境を整える事業、高齢者や障がい者、子供達が快適に暮らせるための福祉事業、街の自然を守る為の環境整備事業、地内の12地区から寄付先を一つ選ぶ自治体活動促進の事業、地域の医療体制をより整え、充実させるための事業といった事に活用されています。

千葉県 東金市の返礼品ページ

千葉県 東金市のホームページ
http://www.city.togane.chiba.jp/0000003886.html