千葉県 館山市のふるさと納税のご紹介

 

千葉県 館山市のご紹介

館山市は、千葉県の南端にある館山湾や太平洋に面しており、戦国武将の房総里見氏の城下町、また滝沢馬琴が書いた「南総里見八犬伝」の舞台であることで有名です。人口は46,471人、面積は110.05平方km、館山市までのアクセス方法は、車で東京方面から東京湾アクアラインの使用で約80分、横浜市からは東京湾アクアラインの使用で約80分となっています。平均気温は16℃以上という温暖な気候に恵まれているため、冬でもストックやポピーなどの花が満開に咲いている花畑は自慢の景色です。また「森林浴の森100選」に選ばれている県立館山野鳥の森、「白砂青松100選」や「日本の道100選」に選ばれている平砂浦海岸付近など、緑が豊かな観光名所がたくさんあります。その他にも、日本最長の桟橋である館山夕日桟橋も人気の観光地です。遠洋漁業が発達し、捕鯨基地や魚の加工工場が発展している水産業に、神戸地区を中心として野菜の温室栽培を行っている農業、さらに牛の牧畜が行われているためアイスクリームやバターの工場がある北条、東京でも人気となっている房州の牛乳など、各方面に特産品が溢れています。また温暖な気候によって、一般的な高原レタスとは異なる質の良い冬レタスが作れる環境を活かした「神戸レタス」は、中身もギッシリと詰まっていて日持ちが長いのが特徴となっています。そして宝暦元年1751年に栽培が始まったと言われているびわは、「房州びわ」として大粒でみずみずしいと人気が高い商品です。

館山市がおすすめする人気の特産品・返礼品

農水産品や加工物、館山市の銘菓などの特産品はもちろん、ダイビングや農作業、乗馬、海釣り体験といったさまざまな体験型のサービスも揃えています。中でも特産品の神戸レタス、房総びわ、南房総地域のオリジナルブランド牛の「里見伏姫牛」は人気の返礼品となっています。またおすすめの返礼品は、着用することができる手作り甲冑、館山市を遠く離れた人に特におすすめの草刈りや墓参り代行などオリジナリティあふれる商品となっています。

館山市のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄付金は次の事業に活用しており、どの事業に充てるのかを寄付をする時に選んでいただきます。安全で安心に暮らせる町づくりに関係する事業、みなと、海辺を活用した町づくりに関係する事業、花の町づくりに関係する事業、環境に関する事業、学校教育の充実に関係する事業、生涯学習の振興に関係する事業、文化の振興に関係する事業、子どもや子育て支援に関係する事業、福祉に関係する事業、観光振興に関係する事業、奨学金貸付に関係する事業、スポーツの振興に関係する事業、ダッペエに関係する事業、小谷家住宅の保存並びに支援に関係する事業、コミュニティ医療の推進に関係する事業です。

千葉県 館山市の返礼品ページ

千葉県 館山市のホームページ
http://www.city.tateyama.chiba.jp/kikaku/page022379.html

SNSでもご購読できます。