千葉県 袖ケ浦市のふるさと納税のご紹介

 

千葉県 袖ケ浦市のご紹介

東京湾沿いの千葉県のほぼ中央に位置しており、蝶が羽を広げたのような形をしている袖ケ浦市は、東は市原市、西は木更津市、北はノコギリの歯のような形をして東京湾に臨んでいます。人口は62,790人、東京湾アクアラインや東関東自動車道の館山線が開通し、圏央道も一部供用が開始されたことから、交通結節点としての利便性が飛躍的に向上しています。東京湾に接していることから工業が盛んに行われており、とくに市の北西部にある海岸は、かつて海苔養殖が行われていましたが、昭和40年代からは京葉工業地帯が形成され、電気やガス、石油といったエネルギーが首都圏へ送られています。また内陸部の緑が豊かな農業地帯では、稲作を始めとしてレタスやトマトといった施設園芸や、里イモや大根、落花生といった生鮮野菜が栽培されており、都市近郊の台所を支えている食糧基地としての役割も果たしています。丘陵大地には高い山と川が無く、水の少ない所となっており、畑では春はトウモロコシが、秋は落花生や里芋、サツマイモが、冬は大根やキャベツが栽培されています。また海に突出した臨海公園で、シンボルの展望台からは東京湾を一望することができる「袖ケ浦海浜公園」、菜の花の黄色と桜の白、花菖蒲の紫などの季節ごとの見事な彩を見ることができる花の名所である「袖ケ浦公園」、苺やトウモロコシ、サツマイモなどの季節の野菜を収穫することができる「収穫体験農園」など、自然と触れることができる観光名所が揃っています。

袖ケ浦市がおすすめする人気の特産品・返礼品

袖ケ浦市の人気の返礼品は、農畜産物直売所の「ゆりの里」おすすめの「季節の野菜詰合せセット」です。時期に収穫した新鮮な野菜のセットとなっています。また、百花蜜やマテバシイといった季節の花の中から3つのハチミツをお届けする「かわの養蜂はちみつ3本セット」は、花によって違うハチミツの味の食べ比べをすることができます。おすすめの返礼品は、特産品の落花生の「からつき煎り落花生」です。煎り落花生に最も適している最高級品種の「千葉半立」を使用しています。

袖ケ浦市のふるさと応援寄附金の使い道

頂いた寄付金は、市民が参加して進める住みやすいまちづくりの「市民生活の分野」、災害や事故がない安全性の高いまちづくりの「防犯と防災の分野」、支え合いのまちづくりの「保健と医療、福祉の分野」、豊かな人間性を育てるまちづくりの「学校教育と生涯学習の分野」、自然と共生するまちづくりの「環境の分野」、産業が調和したまちづくりの「産業振興の分野」快適で調和のとれるまちづくりの「都市形成と都市基盤の分野」、「市長におまかせ」の8つの事業の中から、活用先を選んでいただくことができます。

千葉県 袖ケ浦市の返礼品ページ

千葉県 袖ケ浦市のホームページ
https://www.city.sodegaura.lg.jp/soshiki/zaisei/hurusatonouzei.html

SNSでもご購読できます。