千葉県 山武市のふるさと納税のご紹介

千葉県 山武市のご紹介

山武市は「さんむし」と読み、千葉県の東部に位置します。九十九里浜の中央から南にかけて役8㎞を有しています。人口約53,000人、約22,300世帯が暮らしています。JR東日本の総武本線と東金線が重なる成東駅が市の中心の駅となっています。また首都圏中央連絡自動車道の山武成東ICや銚子連絡道路の松尾横芝ICからも来ていただくことが出来ます。九十九里浜に沿うように広がる市であるため、昔ながらの技法を使った塩を今でも大切にしています。この塩はミネラルが豊富で、特にカルシウムの含有量が他の天然塩と比べると高く、健康に良いと言われて注目を浴びています。塩づくりは、市外の方も体験することができます。塩以外にはイワシやアジ、ハマグリやサザエなどの美味しい魚介類が豊富に採れる所でもあります。これらの魚介類を加工したものは郷土の味として親しまれており、いわしのゴマ漬けやアジのなめろう、南蛮漬けなどの加工品があります。また海産物のほかにもイチゴやリンゴなどもの果樹や酒造があります。酒造では日本酒の他、焼酎やビールなども作っています。伝統工芸品としては篠笛があります。篠笛は篠竹に穴をあけた日本の横笛です。また他の特産品としては落花生が有名です。県としても非常に有名ですが、落花生づくりは山武市から始まったと言われています。その落花生で作られた落花生味噌は地元では味噌らっかと呼ばれ親しまれています。また切り口が家紋や植物など、美しく魅せる太巻き寿司も古くから冠婚葬祭などで食べられている郷土料理です。

山武市がおすすめする人気の特産品・返礼品

海と穏やかな気候の地域である山武市は、多くの農作物や海産物が採れる地域です。この地域で採れたお米は粘りやうまみ、香りなどバランスが良く人気のある返礼品のひとつです。また九十九里浜の郷土料理でもある特産品のいわしのゴマ漬けなどの干物の詰め合わせや、落花生の詰め合わせ、イチゴなどもおすすめです。ほかにはお酒やビール、昔の塩づくり体験や、当市にアトリエを構えるガラス工房のガラス製品などもご用意しております。

山武市のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税を通し、山武市へ頂いた寄付金は国指定天然記念物である成東・東金食虫植物の保護管理事業や、森林整備促進などの環境保護、子どもたちが安全に学校へ通学できるよう巡回や挨拶活動などの防犯活動、ダンスによる交流推進事業などの地域教育力の向上、市の医療を支える医療センターの運営費、オリンピック、パラリンピックでのスリランカ国選手団の事前キャンプなど、おもてなしのための事業に主に使わせていただきます。

千葉県 山武市の返礼品ページ

千葉県 山武市のホームページ
http://www.city.sammu.lg.jp/soshiki/4/kaiteihurusatosannmuouenn.html