千葉県 野田市のふるさと納税のご紹介

千葉県 野田市のご紹介

野田市(のだし)は、県北西部の東葛地域に位置する都市で人口約15.7万人です。平成22年度の国勢調査では、東京都への通勤率は13パーセントとなっています。隣接している自治体は、柏市、流山市、茨城県坂東市の他に9つあります。2003年、野田市と旧関宿町が合併しました。市内の清水公園は「日本さくら名所100選」として、花見の名所として知られています。「日本さくら名所100選」に平成2年に選ばれ、約2000本の桜が咲き、とても歴史のある自然公園です。明治27年に開園、清水公園駅から公園の沿道の桜並木や公園内の場所は、お花見スポットになっている民営の公園です。その中でも、100年もの古木のうろの中から再生した「劫初の桜」は必見です。野田市のシンボルとされている「こうのとりの里」で飼育されているコウノトリから、平成27年に3羽のヒナが誕生しました。窪田酒造は、利根運河沿いに蔵を構えていて、明治5年から創業している千葉県最北の醸造の地は、酒造りで大切な良水がとても豊富です。現在5代目で、厳選した酒米は千葉県を中心に使用しており、多くのファンが伝統を重んじる丁寧な酒造りに魅了されています。代表銘柄は「勝鹿(かつしか)」です。大吟醸は、醸造好適米山田錦使用しており、純米酒は、米の味と旨味がマッチしています。芳醇且つピリッと辛口の本醸造生原酒など、極寒の時期に丁寧に醸(かも)した野田を代表する名産品の地酒です。

野田市がおすすめする人気の特産品・返礼品

環境にやさしく、安心・安全な「野田市産黒酢米と吟醸酒勝鹿のセット」が人気です。黒酢米は、農薬を使わず殺菌効果があるとされる玄米黒酢を散布して作っているコシヒカリです。野田市では学校給食にも利用しています。「勝鹿」は、醸造好適米山田錦使用の大吟醸や米の味と旨味がマッチした純米酒、芳醇且つピリッと辛口の本醸造生原酒など、極寒の時期に丁寧に醸(かも)した野田を代表する特産品の地酒です。「藤井本店野田手造り”勝軍せんべい」は、愛宕山西光院”勝軍地蔵”より名前をいただき、国産米を使用しています。1枚1枚コテで押し、地元の醤油のみで味付けしています。昔ながらに作れた手焼せんべいは、おすすめの返礼品です。

野田市のふるさと応援寄附金の使い道

野田市へふるさと納税で頂いた皆様の寄付は、将来の都市像の実現のため8つの事業から選べます。1.みどりの保全、緑化推進する事業のみどりのふるさと基金、2幼稚園や小中学校のトイレの洋式化を促進する事業、学校施設整備等基金、3老人福祉基金は、老人福祉施策事業、4愛のともしび基金は、心身障がい者児の為の施設整備等の事業、5社会福祉施設整備基金は、社会福祉施設の整備の事業、6社会教育施設整備基金は、社会教育施設の整備の事業、7鉄道建設基金は、東京直結鉄道建設実現に向けての事業、8総合計画に基づき各種事業に活用させて頂いております。

千葉県 野田市の返礼品ページ

千葉県 野田市のホームページ
http://www.city.noda.chiba.jp/kurashi/oshirase/furusatonouzei/1008668/index.html