青森県 黒石市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

青森県 黒石市のご紹介

黒石市は、青森県のほぼ中央で、津軽地方の中南部に位置し、人口は約3万4000人、弘前より電車で30分、東北自動車道のICもあります。古い町並みや、豊かな自然、長い歴史が織りなす風情ある街です。伝統的な建造物が立ち並ぶ「中町こみせ通り」は、日本の道百選にも選ばれ、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。その中に建つ「高橋家」の歴史は、江戸時代から築270年以上という元は黒石藩御用達の米問屋で、国の重要文化財に指定されています。秋のみどころは「中野もみじ山」が代表的でしょう。弘前藩主が京都より苗を取り寄せ移植したことから始まったとされており、夜にはライトアップされ、多くの観光客が訪れます。近くの中野神社には、天然記念物に指定されるほどの樹齢200年~700年という木々たちが生育しており、こちらも大変魅力的です。黒石は、津軽系こけしの発祥の地とされ、こけしの里と呼ばれています。市内にある「津軽こけし館」では、全国から集められた約5000本のこけしが展示されており、とても見応えがあります。また、絵付け体験も行われています。夏の一大イベントといえば、「黒石ねぷた祭り」です。ねぷたの運行台数が最も多いことで知られ、色鮮やかな武者絵が夜の闇に映え、大人から子供まで一丸となって行われるお囃子は素晴らしく、観客を興奮の渦に巻き込んでくれることでしょう。同じく夏のイベント「黒石よされ」もとても盛り上がるお祭りです。阿波踊り、郡上踊りと並び、「日本三大流し踊り」と言われ、「エッチャホー、エッチャホー」という掛け声を発しながらの踊りは、観客を巻き込み、その盛り上がりは最高潮に達します。

黒石市がおすすめする人気の特産品・返礼品

「黒石つゆやきそば」は、おすすめの返礼品です。モチモチの麺に甘辛いソースで味付けした黒石やきそばにそばつゆをかけたもので、ご当地B級グルメで知られています。他には、「りんごいとし、紅玉ジャム・ふじジャム」も人気の返礼品のひとつです。特産品の黒石産のリンゴを100%使用し、「紅玉」だけを使った「紅玉ジャム」と「ふじ」だけを使った「ふじジャム」は、りんごの風味がとても生かされた無添加の手作りジャムです。青森県のお米「青天の霹靂」や「つがるロマン」、中町こみせ通りにある老舗造り酒屋の「地酒セット」、などもおすすめの逸品です。

黒石市のふるさと応援寄附金の使い道

寄附いただいた場合、使途をお選びいただけます。平成28年度の実績使途は次の通りです。次代を担う人づくり、高齢者福祉の充実、教育環境の整備、伝統的建造物及び歴史的景観の保存と活用、観光及び産業の振興、児童福祉の充実、市立学校図書館図書購入などに活用させていただいております。使途のご希望のない場合は、「誇れるふるさと黒石応援基金」として積み立てさせていただき、市が推進するまちづくりの為に活用させていただきます。

青森県 黒石市の返礼品ページ

青森県 黒石市のホームページ
http://www.city.kuroishi.aomori.jp/Citizen_Info/Cit_Furusato_kifukin.html