青森県 板柳町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

青森県 板柳町のご紹介

板柳町は、青森県にある人口約13,000人の町です。県庁所在地である青森市に隣接しており、りんごの生産が盛んな町として知られています。りんごの歴史は明治初期にさかのぼり、内務省からりんごの苗木を配布され栽培したことが始まりと言われています。その後も試験栽培と研究が重ねられ、現在の青森のりんご産業を支えています。消費者が安心して食べる事ができるりんごを提供するための「りんごまるかじり条例」制定しており、品質の高さを継続する努力も町の政策として行っています。ふるさとセンターでは高品質なりんごを使った地場産製品の開発も行われており、このふるさとセンターで研究、開発された商品は「RingoWork」というブランドとして販売されています。ジュースやジャム、ゼリー等の加工食品だけではなく、りんご草木染、樹皮加工品、木工品などの樹木を素材として使用した加工品も作られています。また板柳ではりんごを食すだけでなく、見ることも楽しめます。町にはりんごの歴史の始まりであり、樹齢100年となるリンゴの樹があります。この木はふるさとセンターのブランドマークの原型にもなり、多くの町民から愛されています。ほかにもニュートンが「万有引力」を発見した際に手にしたりんごの木の子孫が今も栽培されています。ニュートンの家の庭にあったりんごの木が差し木繁殖され、孫の木となって板柳で育てられています。りんご灯まつりというりんごの豊作と作業安全を祈願した祭りもあり、りんごづくしの町となっています。

板柳町がおすすめする人気の特産品・返礼品

板柳町のふるさと納税の返礼品で人気となっているのはりんごです。特産品であるりんごの中でも糖度が高いものを厳選したセットは農家直送となっており、高品質のものを食す事ができます。りんごは好きだけど食べきれないという方にはアップルジュースやりんご酢、ジャム、ドレッシングなどの加工食品もおすすめです。りんごが苦手という方には青森県産のブランド米「青天の霹靂」や日本酒のセットなど、青森を楽しめる他の商品も選択肢として良いでしょう。

板柳町のふるさと応援寄附金の使い道

青森県板柳町は「日本一のりんごの里づくり」を目標とし、「元気」、「あずましい」、「誇れる」といったキーワードを掲げた様々な施策を行っています。皆様から頂いた寄付金も福祉や介護、少子化対策などの「あずましいいたやなぎ」、産業や介護、教育や文化都市を支えていく「元気ないたやなぎ」、環境整備等の「誇れるいたやなぎ」、また当町へと一任していただく形で「自治体におまかせ」の4つの使い道より選んでいた形で活用させていただいております。

青森県 板柳町の返礼品ページ

青森県 板柳町のホームページ
http://www.town.itayanagi.aomori.jp/town/furusatonouzei.html