青森県 弘前市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

青森県 弘前市のご紹介

弘前市は、日本一の桜とりんごのまちで有名で、青森県西部に位置しています。人口は、約17万人で弘前都市圏を形成しています。かつて弘前藩の城下町として発展、津軽地方の中心都市として現在も周辺自治体に広がるつがる市、平川市、秋田県の大館市の他、4つの自治体に隣接しています。名産品ではりんごが有名で、四季がはっきりしている弘前市はりんごの栽培に非常に適しており、全国のりんご収穫量の約20%を占める、りんごの生産日本一です。生産されるりんごは、加工品のジュースやパイ、シードル、りんごの木の箸などの加工品にもなっています。毎年8月1日~7日に開催される弘前ねぷたまつりは、正史に表れるのは享保7年、5代・藩主信寿公がねぷたを見物した記録が藩日記に残されています。幻想的であり、勇壮な武者の絵などが描かれたねぷたが運行されます。太鼓の囃子方や笛の一団が続き、中心市街地をそれぞれのねぷたの後ろから練り歩きます。また、大型のねぷたが看板や電線をかわし、何トンものあるねぷたをとめることなく、押し引き回します。また、子供たちが手に持つ津軽錦の形を模した「金魚ねぷた」も趣があります。 勇壮華麗な大小約80台のねぷたが、城下町を歩く夏まつりです。1980年1月に重要無形民俗文化財に指定されました。弘前城は、弘前藩初代藩主・津軽為信により築城が計画された、江戸時代のお城です。弘前城本丸石垣修理が、100年ぶりに着工されました。日本で現存している12天守のうちのひとつに数えられ、3棟の二の丸隅櫓・5棟の城門とともに重要文化財に指定されています。

弘前市がおすすめする人気の特産品・返礼品

日本一のりんごの生産地であることから、特産品である「りんごジュース詰め合わせセット」が人気です。りんごの木で、さまざまな理由で毎年役目を終える木があり、薪とされる他は処分されます。処分される木を活用し、様々なものをつくっています。そのりんごの木で作った「りんごの木の箸親子セット」 や、弘前市の老舗菓子店「ラグノオささき」の銘菓詰め合わせセット、「シードル」という弘前ラグノオギフトりんごを発酵させてつくるお酒などもおすすめの返礼品です。

弘前市のふるさと応援寄附金の使い道

青森県弘前市へ頂いた皆様からの寄付は、弘前市のふるさとづくりの為、以下の事業から使途を選択して頂き、ふるさと創生基金に積み立てを行い有効活用させて頂いております。 1.日本一のさくら応援コース ・弘前公園のさくら管理に活用。2.弘前4大まつり応援コース・弘前4大まつりなどの関連する事業に活用。3.子どもたちの笑顔の満ち溢れるまち応援コース・子育て環境の充実のために活用。4.オール弘前地域づくり応援コース・弘前の地域づくりのため、広く全般的に活用。特別コースとして、5.弘前城天守がお引越し、100年ぶりに行なわれる石垣大修理・石垣普請応援コース・弘前城本丸石垣修理事業となっています。

青森県 弘前市の返礼品ページ

青森県 弘前市のホームページ
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/jouhou/seido/hirosakiouenn-hurusato.html