青森県 藤崎町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

青森県 藤崎町のご紹介

青森県津軽平野のほぼ中央にある藤崎町は、2005年に旧藤崎町と旧常盤村が合併し、総面積37.29㎢と県内で一番小さな面積を持つ「町」として誕生しました。北は板柳町、東は青森市と黒石市、西は弘前市、南は田舎館に隣接しており、青森市から約25km、弘前市から約9kmの場所にあります。まちには山岳や原野はありませんが、土壌に恵まれているほか、比較的温暖な気候で、水も豊富なため農業が盛んなまちとなっています。また、藤崎町は世界でもっとも生産されているりんご品種『ふじ』が誕生した地としても知られているほか、有機米『つがるロマン』や、粒が大きく雪のように白い『ときわにんにく』など特産品もたくさんあり、おにぎりをモチーフにしたマスコットキャラクター『ジャン坊くん』や、りんごをモチーフにしたマスコットキャラクター『ふじ丸くん』も誕生しまちを盛り上げているほか、毎年秋に行われているまち恒例のイベント『ふじさきいきいきまつり』ではつがるロマンを使用した日本一のジャンボおにぎり作りも行われています。また、春には世界の珍しい凧が揚がる『国際交流凧揚げ大会』や藤崎の特産品を使用した藤崎オリジナルグルメの頂点を決める『ふじワングランプリ』、夏にはそれぞれの町内で製作したねぷたが町を練り歩く『ねぷた合同運行』、冬には350年以上もの歴史を誇る『常盤八幡宮縄奉納行事』や、各店自慢の鍋料理の頂点を決める『なべワン-グランプリ』など様々な行事が行われており、地元の人たちだけでなく、他県からも多くの人が訪れています。

藤崎町がおすすめする人気の特産品・返礼品

りんご『ふじ』の発祥の地としても知られる藤崎町では、ふるさと納税の返礼品でも特産品の「りんご」は人気の高い商品となっています。味のバランスが良く、果汁もたっぷりなふじりんごはりんごそのものだけでも十分美味しいですが、藤崎町で獲れたりんご100%の「林檎ジュースコース」や、りんごやりんごジュース、藤崎町で獲れた新鮮な野菜がセットになった「ふじさきおまかせコース」など藤崎町の特産品が楽しめる商品も人気が高くおすすめです。

藤崎町のふるさと応援寄附金の使い道

藤崎町へ皆様から頂いたふるさと納税の寄附金は、藤崎町のよりよいまちづくり実現のため、未来を担う子どもたちの育成に関する事業をはじめ、産業の振興に関する事業、健康増進・福祉の向上に関する事業に、スポーツ・文化の振興に関する事業といった4つの事業から寄附して頂いた方が希望する使途を選択して頂き、希望される使途に沿って、大切に活用させて頂きます。特に寄附金の使途について指定がない場合は町長が必要と認める事業や町政にて使われます。

青森県 藤崎町の返礼品ページ

青森県 藤崎町のホームページ
http://www.town.fujisaki.lg.jp/index.cfm/9,0,37,html