秋田県 男鹿市のふるさと納税のご紹介

 

秋田県 男鹿市のご紹介

男鹿市は、秋田県の海側の真ん中あたりに位置し、日本海側に突き出た男鹿半島にあります。人口は2017年10月31日現在で28,503人です。秋田県の県庁所在地である秋田市から車で1時間、最寄りの新幹線停車駅のJR秋田駅から1時間、最寄りの高速のインターは秋田自動車道の昭和男鹿半島インターでそこから車で20分、最寄りの空港である秋田空港から車で1時間半のところです。

男鹿市の代表的な観光スポットは、入道崎です。男鹿半島の最北端、北緯40度の線状にあり、景勝地として知られています。緑の大地、青い海と空のコントラストが美しい絶景です。入道崎の象徴となっている黒と白の縞模様が美しい入道埼灯台は「日本の灯台50選」にも選ばれています。

男鹿水族館GAOは、開館前に「釣りバカ日誌」の映画のロケ地として使われたため大人気で、2004年7月にリニューアルオープンした後は、多くの来場者でにぎわっています。アシカやペンギンの他に巨大水槽や水中トンネルがあります。水中トンネルに入ると、海の底にいるかのような錯覚を起こします。男鹿や秋田にいる海の生物がたくさん展示されています。3階にはアマゾンやサンゴ礁の生物など、世界の海の生き物が展示されています。

男鹿の南秋地区のどこからでも見える寒風山は芝生に覆われた山で、360度の大パノラマを楽しむことができます。頂上には回転展望台があり、周辺には姫ヶ岳や鬼の隠れ里などの見どころもあります。

男鹿市がおすすめする人気の特産品・返礼品

男鹿市のふるさと納税のおすすめの返礼品は、水揚げされたばかりのところを加工場の大きな釜でゆで上げ、冷蔵で発送されるズワイガニです。冷凍物とは比べ物にならないみずみずしさと甘みが人気です。市内で水揚げされた新鮮なハタハタを塩のみで作られる「しょっつる」は無添加、非加熱の貴重な特産品です。男鹿の滝の頭湧水を100%用いて醸造された本醸造原酒は、男鹿産の素材を生かして作られたお酒として人気を集めています。

男鹿市のふるさと応援寄附金の使い道

男鹿市へのふるさと納税の寄付金は、以下の6つの使い道から使途を選択できます。1、観光や農林水産業、商工業など、町の産業の発展を目指す事業、2、高齢者支援や子育て環境を整えたり、医療体制を整えるなど、市民が暮らしやすくなるための事業、3、定住できる環境を整えたり、資源循環型社会を形成し、情報化を推進するなど、都市や生活基盤を充実させるための事業、4、自然災害への対処や防災など、安心安全に暮らせるための事業、5、教育環境を整備したり、地域間交流を活発にしたり、生涯学習、文化芸術の振興のための事業、6、住民と行政が手を携えて地域づくりを行うための事業、となっております。

秋田県 男鹿市の返礼品ページ

秋田県 男鹿市のホームページ
http://www.city.oga.akita.jp/index.cfm/12,0,74,html

SNSでもご購読できます。