秋田県 三種町のふるさと納税のご紹介

 

秋田県 三種町のご紹介

三種町は2006年に琴丘町と山本町と八竜町が合併してできた町で、秋田県の北西部に位置しています。空の玄関口秋田空港へは高速道路経由で約50分、秋田新幹線の発着駅である秋田駅までは普通列車で約50分でアクセスできます。東西に約25キロメートル、南北に約20キロメートルで、総面積は247.98キロ平米で、町の中央部を八郎湖に注ぎ込む三種川が流れています。町土の中で森林の占める割合はおよそ55%で農地はおよそ24%となっていて、四季がはっきりとした気候と豊かな自然に囲まれて生活しています。森林浴やジョギングを楽しむことの出来る「釜谷浜森林公園」やバスフィッシングや冬のワカサギ釣りで有名な「八郎潟承水路」など自然と触れ合うことの出来る場所が多くあります。町の西側は日本海に面しており、「釜谷浜海水浴場」は水の綺麗さと夕日の美しさで知られており、特に夕日に関しては『サンセットビーチ釜谷浜』として若者に人気です。また海岸線沿いに最大出力1500キロワットという強大な風車が17基設置されており、迫力ある景色を見ることが出来ます。町には石油採掘中に突如湧き出したという「森丘温泉」があり、『とてもしょっぱい温泉』として有名です。町の特産品と言えば、山本地域で作られている「森岳じゅんさい」が有名です。生産量日本一を誇り、じゅんさい沼に浮かんだ小舟がじゅんさいを刈り取る風景は三種町の夏の風物詩となっています。また八竜地域で栽培されている「メロン」もじゅんさいに次ぐ特産品です。八竜地域ではここでしか作られていない「サンキューメロン」をはじめ数種類のメロンを栽培しています。さらに八竜地域のアスパラガスや琴丘地域の梅も町の誇る特産品です。

三種町がおすすめする人気の特産品・返礼品

皆さまから頂戴したふるさと応援寄附金は、1.環境保全や廃棄物対策、リサイクル活動などへの支援事業、2.高齢者や障がい者の福祉向上や町の医療体制の整備などに関する事業、3.防犯や防災対策を充実させ安心できる町づくりのための事業、4.農林水産業および観光産業の振興や中小企業支援に関する事業、5.子育て支援や人材育成、伝統文化の保存継承などに関する事業などといった三種町のさらなる発展のための事業に活用させて頂きます。

三種町のふるさと応援寄附金の使い道

皆さまから頂戴したふるさと応援寄附金は、1.環境保全や廃棄物対策、リサイクル活動などへの支援事業、2.高齢者や障がい者の福祉向上や町の医療体制の整備などに関する事業、3.防犯や防災対策を充実させ安心できる町づくりのための事業、4.農林水産業および観光産業の振興や中小企業支援に関する事業、5.子育て支援や人材育成、伝統文化の保存継承などに関する事業などといった三種町のさらなる発展のための事業に活用させて頂きます。

秋田県 三種町の返礼品ページ

秋田県 三種町のホームページ
http://www.town.mitane.akita.jp/administration/detail.html?category_id=104&article_id=216

SNSでもご購読できます。