秋田県 五城目町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

秋田県 五城目町のご紹介

秋田県五城目町は秋田市から北に30㎞の位置にあり車で約40分の場所にあります。西部に市街地や田園が広がり、東部には山間部があります。市の中心部には国道285号が通過しています。人口は現在約9500人になっています。急峻な山岳地帯から水田地帯まで変化を富んだ林業と農業の農産村であるとともに、約500年の伝統を誇る朝市が中心部では栄えており、家具や製材、建具に打刃物、構造業や商店街が発展し、湖東部には商工業都市を形成しています。国道285号線より4.2㎞の道を辿っていくと、ご条目町のシンボルともいえる森山の山頂に到着することが出来ます。五条目城などの見どころいっぱいな森山は周り一帯が自然公園となっています。山頂には希望の鐘があり、その眼下には五城目の街並みが広がっていて遥か八郎潟お男鹿半島、森吉山、遠くには鳥海山まで一望することが出来ます。また桜の名所として有名なのが、町中心部に近く町道雀館沿いの小高い丘が雀館です。園内には鳥井森鈴「八郎節」民謡碑、舘岡恒太朗「若き郷土の歌」碑、舘岡栗山顕彰句碑があり、弓道場、日本庭園が整備され町民の憩いの場としても親しまれています。ふるさとの自慢の味として長い間地元で愛され続けてきた味がだまこ鍋です。だまこ鍋とはつぶしたご飯を約3㎝に丸めたものを鶏肉からとっただしのお鍋に入れ野菜とともにいただく郷土料理となっています。きりたんぽよりも先に作られていたと言われるだまこもちは農家の家庭料理が始まりだとも言われています。だまこは別名やまもちとも呼ばれています。

五城目町がおすすめする人気の特産品・返礼品

秋田県の特産品といえばお米、秋田のお米といえば「あきたこまち」です。五城目町でも安心、安全、おいしいお米を返礼品として提供させていただきます。あきたこまちは弾力性に富み、粘りも強く秋田美人同様つやつやと輝くようにもち肌で炊き立てはもちろんのこと、冷めてもおいしく食べられるためお弁当やおにぎりにもおすすめです。まただまこときりたんぽの両方が一度に楽しめる料亭特性の共鍋セットも人気の一品です。だまこはひとつずつ手作りで作っており、きりたんぽもあきたこまち100%の炭火焼で仕上げています。ボリュームたっぷりの地元野菜もセットしているため届いたらすぐに食べられるようになっています。

五城目町のふるさと応援寄附金の使い道

五城目町にお寄せいただいた寄付金は以下の項目に活用させていただきます。希望される事業をお選びください。1.健康及び福祉の増進に関する事業に活用、2未来を担うこどもたちのために.文化の振興、教育に関する事業、3.美しい景観を守るため自然環境の保全に活用する、4.町民の生活を支えるため雇用促進及び産業振興に関する事業に活用、5.項目指定がない場合は、町民からの要望の強い事業について市長が必要と認めた場合その事業に活用していきます。

秋田県 五城目町の返礼品ページ

秋田県 五城目町のホームページ
http://www.town.gojome.akita.jp/furusatonouzei/12.html