秋田県 大仙市のふるさと納税のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

秋田県 大仙市のご紹介

大仙市は、2005年に大曲仙北地域の8市町村(大曲市と仙北郡の神岡町、中仙町、西仙北町、南外村、協和町、仙北町、太田町)が合併し生まれた市です。広さは東京23区を超える大きさを保有しており、秋田県の中央部に広がる出羽山地から、日本国内では有数の穀倉地帯である横手盆地北側にあたる仙北平野、更には奥羽山脈の真昼山地までと言った広範囲にわたって位置しています。そのために、1つの市に纏まっていますがそれまでに培われた8つの地域毎に多種多様の文化や自然を体感できる市となっています。市の中心はかつて大曲市のあった大曲地域で、市役所もここに存在しています。また、大曲地域では行政の要所であると共に、交通の要所でもあり、鉄道や道路などもこの大曲地域が中心となって運営されています。人口は約80,000人で面積は約866平方キロメートル、毎年8月に、雄物川河川敷運動公園の起点として全国花火競技大会が実施され、日本各地から数十万人の人々に参加頂くというイベントも実施しています。地理では東側に奥羽山脈真昼山地があり、西側に秋田県の中央部に広がる出羽山地を有し、南側を雄物川と横手川に囲まれた角間川町、北川を大石岳山頂から南に少し下った付近を境界とし、市の西側にあたる出羽山地の山脈と市の東側にあたる奥羽山脈が、横手盆地北側の仙北平野を囲むという特徴を持っています。酒造りが盛んな特徴があり、市内では酒蔵や酒造メーカーが多数存在しており、特産品やお土産としても日本酒が人気です。

大仙市がおすすめする人気の特産品・返礼品

酒どころとして有名な大仙市での人気の返礼品はやはり日本酒で、ブランド米「秋田こまち」を全数使用した日本酒や、地域のきれいな水を使用し醸造された吟醸酒などが注目されています。また、酒だけでなく地域の畜産農家で提供される「ソーセージの詰め合わせ」や「社中豚の詰め合わせ」などもおすすめの一品です。その他にも特産品として名高い「きりたんぽ」のセットやブランド米「秋田こまち」や「さくらこまち」など秋田県を代表する食材も変わらない人気を頂いている商品になります。

大仙市のふるさと応援寄附金の使い道

皆様から頂きました貴重な寄附金は、高齢者への補助、地域産業の活性化、未来を担う子供たちの育成に繋げるため次の事業への発展へと活用させて頂きます。1観光発展のため特色ある地域資源を活用した観光交流などに関する事業、2高齢者福祉を支えるため老いを楽しみ、地域が支える高齢者福祉に関する事業、3次世代にも残る豊かな自然環境の保全に関する事業、4健やかな成長を願う子育て、教育の充実に関する事業、5魅力のある町づくりと若者等の定住促進に関する事業などの事業へと活用致します。

秋田県 大仙市の返礼品ページ

秋田県 大仙市のホームページ
http://www.city.daisen.akita.jp

SNSでもご購読できます。