愛知県 東栄町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

愛知県 東栄町のご紹介

「花祭りの里」としても知られている東栄町は愛知県の東北部に位置し、静岡県とも接している県境の町です。明神山など1,000メートル級も含む山々に囲まれ、その間を大千瀬川や奈根川が縫うように流れています。集落は急流沿いにある平地や緩斜面のわずかな土地を生かして点在し、現在は4千人ほどの町民が暮らしています。そんな東栄町ですが、ある時期になると「テーホヘテホヘ」という掛け声が聞こえてくるようになります。国の重要無形民俗文化財でもある「花祭」です。鎌倉時代の末期から室町時代に山伏などによって伝えられたことが始まりといわれており、毎年11月になると東栄にある11の各地区で開催されています。八百万の神様を招き、新人和合、五穀豊穣、無病息災を願いながら悪霊を払う立願の祭りとなっています。舞の種類はおよそ40数種もあり、地区によっては拍子や舞式に違いがあるなど様々な形態があることも大きな特徴といえるでしょう。そのなかでも祭の見どころといわれているのが「鬼の舞」です。鬼だけではなく町の人や観光客なども一緒になって体を動かし囃子の声をあげるため、祭のなかでも一番の盛り上げ所となっています。またそのあとに続く「湯ばやし」で舞子がかけまわる釜のお湯を浴びると、一年健康で過ごすことができるという言い伝えもあります。町外のファンも多い、東栄町を代表する祭です。町へのアクセスは車がメインとなり、県内の設楽町からであれば国道473号線、新城ICか風来峡ICを降りた場合は国道151号線が通っています。

東栄町がおすすめする人気の特産品・返礼品

東栄町ではブロイラーの生産が盛んに行われており、自然豊かな土地で育った若鶏を使用している「東栄チキン」はおすすめの特産品となっています。返礼品では町の人からも長年親しまれている「若鶏のみそ味」や「若鶏の醤油味」が入った「懐かしの味東栄チキン4種」や「懐かしの味東栄チキン5種」があり、調理も簡単ということで人気です。同じく特産品としては町の花でもあるやまゆりの根を使用した「やまゆり羊かん」をはじめ、手作りの和菓子を楽しめる「東栄銘菓詰合わせ味のおもてなし」もあります。

東栄町のふるさと応援寄附金の使い道

東栄町は「幸せを実感できる最先端の田舎」を目指し、将来へのスローガンを掲げながら様々なまちづくりを行っています。地域医療や子育てなど健康福祉に関するまちづくり、学校教育や文化の振興に関するまちづくり、消防や防災など安全かつ安心に暮らしていくためのまちづくり、森林河川の保全な環境とともに暮らしていくためのまちづくり、観光や農林業の振興を目的とした活力のあるまちづくり、道路や公共交通の整備など定住または交流を支えるまちづくり、地域活動など労協によるまちづくりの7つのまちづくりに関する事業へ皆様の寄付金を活用させていただきます。

愛知県 東栄町の返礼品ページ

愛知県 東栄町のホームページ
http://www.town.toei.aichi.jp