愛知県 高浜市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

愛知県 高浜市のご紹介

愛知県高浜市は、県中部に位置する人口およそ47,000人の街です。中部地方の中心都市の名古屋市から南東へ25キロメートルのところにあり、東側は安城市、西側には衣浦港を隔てて半田市があり、南側は碧南市、北側は刈谷市に隣接しています。高浜市は、古くから窯業が盛んな街で、なかでも三州瓦の中心的な産地として栄えてきました。高浜は三州瓦の全国瓦生産量日本一を誇っており、街の特産品でもあります。「高浜やきもの郷かわら美術館」は、日本で唯一のかわらをテーマにした美術館です。日本の古代から近現代までの瓦をもちろんのこと、外国の瓦類も展示しています。瓦の歴史や生産工程などをハイビジョンシアターで紹介しています。また、市の指定無形民俗文化財として、おまんと祭りがあります。丸太で組まれ円形の形をした馬場の中を、鈴や造花で飾られた馬が疾走し、その走ってくる馬に法被と地下足袋姿の若者が飛びつき、颯爽と駆け抜けていく勇壮な祭礼が有名で全国的にも知られています。 高浜市以外にも知多郡東浦町を中心とした知多湾岸の街で行われていますが、 その中でも春日神社で行われる「おまんと祭り」は、市の無形民俗文化財にも指定されています。尾張地方から西三河地方にかけ、馬の背に神様のよりしろとなる飾りをつけ、社寺に飾り馬具をつけた馬を奉納する馬の頭(馬の塔)という祭りが分布しています。「おまんと」とはその「馬の塔」からできた祭礼だと考えられています。

高浜市がおすすめする人気の特産品・返礼品

高浜市のおすすめの返礼品として、「干支瓦(いぶし)」があります。高浜市の地場産業で特産品でもある三州瓦でできた干支瓦(いぶし)です。老舗の鬼瓦屋が作った干支瓦はインテリアとしても人気のある商品です。また高浜ならではの返礼品が「うなぎ白焼セット」です。全国第2位のうなぎの生産地である愛知県の中でも、高浜市は明治時代からうなぎの養殖を行っており、うなぎで有名な地域です。届いたうなぎはトースターであたためるだけの簡単調理で焼きたての時のようにふっくらします。白焼きにはタレが添付されていて、その他には塩やわさび醤油もおすすめです。

高浜市のふるさと応援寄附金の使い道

寄せられた寄付金は、主に4つの事業に活用されます。1.活力あるまちづくり事業として地域コミュニティの再生、地域の活性化のために活用、2.未来を担う人づくり事業として子どもの健全育成、生涯学習及び教育の振興のために活用、3.健康で生きがいを持つことができるまちづくり事業として、高齢者や障がい者の福祉の増進のために活用、4.安全・安心なまちづくり事業として防災・減災・防犯、地域の安全・安心なまちづくりの推進など、様々な事業に活用されます。

愛知県 高浜市の返礼品ページ

愛知県 高浜市のホームページ
http://www.city.takahama.lg.jp/furusato/