愛知県 設楽町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

愛知県 設楽町のご紹介

愛知県設楽町は、愛知県北東部にある人口約4700人の町です。名古屋市の中心部から約90キロメートル、豊橋市や豊田市の中心部から約60キロメートルの距離にあります。また東側は東栄町や豊根村、西側は豊田市、南側は新城市、北側は長野県根羽村と隣接しています。町の総面積の約9割は山林が占め、1,000メートル以上の山々が連なり、豊川、天竜川、矢作川の三大水系の水源地となっております。町の西部一帯には愛知県内では最大の規模である、きららの森「段戸裏谷原生林」やブナ、ツガなどの林が広がっています。その景観は水源地のシンボルのひとつとなっていて、おすすめの観光スポットでもあります。名古屋市、浜松市、豊橋市などの中部圏の主要都市からも日帰りできる位置にあり、黄金色のブナや真っ赤なカエデ、緑の針葉樹とのコントラストがとても美しく、自然の豊かさや奥行きを感じられます。美しい紅葉を満喫しながらの散策をお楽しみいただけること間違いなしです。また、道の駅アグリステーションなぐらでは、地元で採れた新鮮な高原野菜や漬物・豆腐などの特産品をはじめとして、繭花・木工品などの手工芸品が豊富です。また「おかあさんの店」では、五平餅・よもぎ大福・エゴマ大福など珍味が味わえます。日本の民俗芸能は大きく“神楽、田楽、風流(ふうりゅう)”の3つに分類されます。設楽町にはそのうちの神楽と田楽があり、毎年、祭りや民俗芸能が同じ日時に行われています。

設楽町がおすすめする人気の特産品・返礼品

設楽町おすすめの返礼品として「きららの里宿泊券」があります。段戸裏谷原生林「きららの森」のそばにある野外教育センターで、学校教育関連の行事のほかに一般の方も散策やトレッキングなどで広く利用することができ、アウトドア好きの方には人気があります。また、「アグリステーションなぐらセット」は、設楽町の特産品と美味しさをギュッと詰め合わせました。季節を問わず、老若男女幅広くお楽しみいただける内容の返礼品となっております。ご自宅に「設楽の恵み」をお届けいたします。

設楽町のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税で寄せられた寄付金は、活力と特色のある町づくりのために、主に7つの事業に活用されます。1.自然と共に生きる環境共生のまちづくり事業、2. 活力あふれるのまちづくりのための産業振興事業、3. 潤いと快適な居住環境を実現するためのまちづくり事業、4.健康で安心して暮らせる福祉のまちづくり事業、5. 個性を育てる教育文化のまちづくり事業、6. 住民がつくる参画協働のまちづくり事業、7.住民がつくる参画協働のまちづくり事業など、様々な事業に活用されます。

愛知県 設楽町の返礼品ページ

愛知県 設楽町のホームページ
http://www.town.shitara.aichi.jp/index.cfm/14,694,50,1,html