愛知県 清須市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

愛知県 清須市のご紹介

愛知県清須市は、愛知県の北西部にある人口69,000人ほどの街です。南部は名古屋市に隣接しており、交通は広域の利便性に恵まれています。鉄道ではJR東海道本線、名鉄名古屋本線や犬山線、津島線などが整備されており、道路では名古屋市街地を走る都市高速や国道などの道路網が発達しています。清州には、清洲城など数多くの歴史資源が残っています。弘治元年(1555年)戦国武将織田信長が那古野城から清洲城へ入城し、慶長年間には城下町一帯が「関東の巨鎮」と称され文化の中心地として、また尾張の要所として栄えてきました。さらに、関ヶ原の合戦の際に勝利した徳川家康が通ったと伝えられており、中山道と名古屋を結ぶ最も重要な道路とされていた美濃街道は、江戸時代には数多くの大名たちが縁起を担いで通ったと伝えられています。また徳川家康の命令によって開設された青物市場とあわせ、宿場町として大いに栄えた歴史も有しています。清州の特産品として宮重大根があります。今日の青首大根の元祖ともいわれ、現在市場に出回っている大根の半分以上がこの系統に属します。江戸時代には尾張の殿様が、現在の春日地区宮重で風呂吹き大根を食べたところ、とても美味しく気に入ったことから、それ以後毎年献上が行われるようになったという逸話もあります。また、土田地区で明治時代から栽培されてきた土田かぼちゃも特産品として有名で、高級かぼちゃとしての評判も高く、料亭などへ販売されています。

清須市がおすすめする人気の特産品・返礼品

清須市おすすめの返礼品として「名古屋工場産一番搾り&名古屋工場産一番搾り」があります。清須市にはキリンビール名古屋工場があり、そこで作られたキリン一番搾り生ビールのセットです。また、「清須市ご当地セット」は、マスカン印のしょうゆ、たまり、みそ、そして清須市の特産品である土田かぼちゃを使って作られた土田かぼちゃカレーなどがセットになったお得な返礼品で、人気があります。また「清須市お香セット」は人気の信長の蘭麝が入ったお香セットのセットです。

清須市のふるさと応援寄附金の使い道

ふるさと納税で寄せられた寄付金は、1.安全で安心に暮らせるまちをつくる事業、2.子供の成長を支援し、子育てのしやすいまちをつくる事業、3.誰もが健やかにいきいきと暮らせるまちをつくる事業、4.利便性に優れ、自然と調和して豊かに暮らせるまちをつくる事業、5.魅力に満ち活力のあるまちをつくる事業、6.豊かなこころとからだを育むまちをつくる事業、7.つながりを大切にするまちをつくる 事業など様々な事業に活用されます。

愛知県 清須市の返礼品ページ

愛知県 清須市のホームページ
http://www.city.kiyosu.aichi.jp/kurashi_joho/zeikin/furusatozei.html