愛知県 刈谷市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/02/21

愛知県 刈谷市のご紹介

刈谷市は愛知県のほぼ中央に位置していて、人口は約150,000人です。豊田市。安城市、大府市などと隣接するため豊田自動車関連の企業の本社や工場が集まっていて自動車工業が盛んです。東京都武蔵野市に次いで二番目に財政状態がよいとされています。東海道線と名古屋鉄道で行くことができます。東海道新幹線も通っていますが停車する駅はなく、名古屋駅か三河安城駅を使うのが便利です。伊勢湾岸自動車道を使えば車で行くこともできます。伊勢湾岸自動車道にある刈谷パーキングエリアは高速道路外部からも使うことができ、観覧車や温泉もあるのでパーキングエリアだけでも十分に楽しむことができます。この他には、ミササガパークという公園があります。この公園は姉妹提携都市のカナダのミササガ市をイメージして作られたものです。特に薔薇が満開になったときは、綺麗な景色を見ることができます。これと一体的に整備された市道をミササガ通りと呼ばれます。そして、ミササガ市には「カリヤパーク」や「カリヤドライブ」という公園や道路があります。デンソーの展示施設もあります。刈谷市や周辺の知立市、高浜市などとともに観光パンフレット「るるぶきぬうら」があるので観光する際には利用してみてください。大根や白菜が特産品で、名物料理では芋川うどんが有名です。これは風味がよくモチモチした食感が特徴で、きしめんのルーツともいわれています。江戸時代には東海道の宿場で出されていたようです。

刈谷市がおすすめする人気の特産品・返礼品

刈谷市のふるさと寄付金の返礼品で人気がありおすすめなのが、地元でとれた特産品の果物や野菜です。他には、酒類やコーヒーなどの飲み物や菓子類などもあります。他の市町村にはないと思われるカホンという打楽器です。それは四角い箱のような形をしていてそれに座って、箱をたたいて音を出すものです。弦楽器を返礼品としている市町村もありますが、ふるさと寄付金の制度を使って、楽器を手に入れて音楽を楽しむのも人生が豊かになっていいものです。

刈谷市のふるさと応援寄附金の使い道

刈谷市では、刈谷市を応援したいという気持ちを大切にしたいと考えています。寄付金の活用先を選ぶことができます。亀城公園整備するための亀城公園整備基金、市民活動支援のための市民活動基金「かりや夢ファンド」、文化振興関連企業、福祉関連事業、子育て支援関連事業、緑化公園整備関連事業、教育環境整備関連事業、スポーツ振興関連事業などのほかオリンピック補助やまちづくりプランなどに使われます。寄附した金額や活用方法に応じた返礼品を渡しています。

愛知県 刈谷市の返礼品ページ

愛知県 刈谷市のホームページ
https://www.city.kariya.lg.jp/index.html