愛知県 東浦町のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

愛知県 東浦町のご紹介

愛知県の東浦町は、知多半島の北部の東側にあり、町の名前の由来は知多半島の東岸が東浦という呼称からです。町は1970年から宅地化が進み人口が増加、現在では約5万人となり、全国の町人口順位でも第3位です。面積は31kmキロ平方メートルとコンパクトな暮らしやすい町となっています。町の周りには刈谷市、大府市、知多市、半田市等が隣接しており名古屋市を含めたベッドタウン的な要素があります。交通アクセスはJR武豊線が町の主要手段となり、路線に沿って幹線道路が整備されています。また知多半島道路が通っており東浦知多インターチェンジがアクセスの拠点です。この町は古くから人が住んでいた土地であり、史跡の入海貝塚からは縄文土器も発掘されています。町には戦国の世に築かれた緒川城址があり、徳川家康の生母於大が生まれた城として有名です。毎年4月には於大まつりが開催され多くの方が訪れています。東浦町では昔から知多木綿の産地として栄え、1965年頃迄は繊維業が隆盛を誇っていました。しかし繊維不振から衰退、それ以後は家具製造が活発に行われる地域として有名になりました。現状の町の主要産業は、やはり家具木工業と製造メーカーのプラント工場が主力となっています。農業は町の特産品である東浦ブドウが有名です。また、愛知県全体で盛んに行われている洋ラン栽培も積極的に推進されています。町の観光名所のスポットは入海貝塚や金鶏山古墳、緒川城址、於大公園などや歴史ある古刹の名寺があり見どころ満載のエリアです。

東浦町がおすすめする人気の特産品・返礼品

東浦町が誇る地元の特産品は、自然に恵まれブドウ栽培に適した天候から産まれた東浦ブドウです。とても大粒で果肉の詰まった逸品です。また、県全域で盛んに栽培が行われている洋ランも町を代表する特産となっています。ふるさと納税寄附金に対するおすすめの返礼品は、東浦町産の最高級A5ランク黒毛和牛のサーロインステーキセットです。また、あいち知多牛のすき焼き肉や焼肉詰合せも人気があります。シーズン限定では東浦町産のブドウ巨峰が圧倒的な人気を誇っています。食品以外では、家具の産地ならでは革張りソファやデスクチェアが返礼品の対象となっています。

東浦町のふるさと応援寄附金の使い道

愛知県の東浦町に対する、ふるさと納税応援寄附金の主な使いみちは、第一に、次世代を担うお子さんの健康的成長のため医療費の助成や保育所等子供の為に施設環境を見直し安心できる環境の構築です。第二に、安心安全を念頭に据えたまちづくりへ地震に強い町の防災機能の充実等となります。最後は、人に優しい町のコミュニティ形成として高齢者の方などを対象に、福祉の側面から日常生活のサポートや健康活動の促進に活かしています。

愛知県 東浦町の返礼品ページ

愛知県 東浦町のホームページ
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/zaisei/zaisei/gyomu/furusatokihu/furusato/1452566421140.html