愛知県 半田市のふるさと納税のご紹介

  • 公開:2018/01/01

 

愛知県 半田市のご紹介

愛知県の半田市は、知多半島の東に位置します。知多丘陵と衣浦湾沿岸の海岸段丘から成り立っています。1937年に半田、亀崎、成岩の3地区が合併し発足した都市です。この地域は、昔から清酒や醤油、味噌等の醸造が盛んで、港湾より各地に出荷され海運業も発展しました。現在でも運河沿いに貯蔵蔵が立ち並んでいます。都市の規模は、人口が約12万人、特に2005年に隣接する常滑市に中部国際空港が開港すると民間企業の営業拠点が半田市に多数、設置されるようになりました。地域の交通は、海岸地帯に鉄道や幹線道路が、内陸には私鉄が整備され衣浦大橋で隣接する高浜市と結ばれ、碧南市とは衣浦海底トンネルが開通しています。地場の産業は、歴史のある醸造業や知多晒の伝統を継承する綿織物の生産が盛んです。また、1957年には衣ヶ浦湾の各港が統一され、衣浦臨海工業地帯の中心都市となり、重工業の分野が加わりました。半田市の観光名所として有名なスポットは、半田運河にある酢の博物館ミツカンミュージアムです。食品加工産業が盛んな町のシンボルとなっています。また、文化財に指定されている半田赤レンガの建物は、地元のカブトビール醸造工場として稼働していました。天王町にも1911年建築された重要文化財である旧中埜家住宅があり地域の歴史を語っています。地域の特産物は、やはり清酒や醤油と八丁味噌となります。農産物は路地野菜栽培が盛んで特に玉ねぎや里芋、トマトは出荷量が多いです。また酪農も行われており知多牛はとても人気があります。

半田市がおすすめする人気の特産品・返礼品

半田市の特産品は、伝統産業である清酒や醤油、味噌、酢等の醸造品です。他にも、農産物の玉ねぎやトマト、フルーツはイチゴやイチジクが有名です。ふるさと納税寄附金に対する返礼品は、特産物を中心に商品構成されており、中でも人気のある知多牛のハンバーグ&もも肉セットやサーロインステーキはおすすめです。また、半田赤レンガで有名な地元醸造の復刻ビールのカブトビールギフトセットも好評です。そして、清酒や調味料等の詰合せ等もおすすめとなります。

半田市のふるさと応援寄附金の使い道

愛知県の半田市のふるさと納税応援寄附金の代表的な使いみちは、まず医療福祉に対し病院等施設の医療機器や医療ベッド等の新規導入と高齢者の健康サポート活動等への支援です。次に、文化財や名所施設の修繕や改修等保全管理の援助、そして自然環境の保護につなぐ緑化促進や公園整備に充当されています。市民生活の維持として経年劣化した道路や水道管などインフラ重要設備の改修です。最後に、安心して子供を育てる環境づくりのため活かされています。

愛知県 半田市の返礼品ページ

愛知県 半田市のホームページ
http://www.city.handa.lg.jp/shise/kifu/furusatonoze/index.html