ふるさと納税との違いは?クラウドファンディング型ふるさと納税とは

楽天スーパーSALE開催中!!

\12/11(土)01:59まで/

ポイント最大43倍!
2021年ラストチャンス!ふるさと納税をするなら今!

今すぐエントリー ▶

クラウドファンディング型ふるさと納税とは、ふるさと納税制度を通じて資金を募るクラウドファンディングのことです。この記事ではその仕組みや、通常のふるさと納税との違いについて説明します。

「クラウドファンディング型ふるさと納税」とは

ふるさと納税と、クラウドファンディングとを組み合わせた仕組みのことです。

別名「ガバメントクラウドファンディング」とも呼ばれます。自治体(ローカルガバメント)や、自治体が認めた個人や団体が「プロジェクト実行者」となって寄付金の使い道を示し、ふるさと納税の制度を通じて寄付金を募ります。

サイト等によっては「クラウドファンディング型ふるさと納税」という表記と「ふるさと納税型クラウドファンディング」という表記で分かれていることがありますが、内容は同じです。

クラウドファンディング型ふるさと納税の仕組み

寄付は通常のふるさと納税と同じように、ふるさと納税ポータルサイトから行うことができます。ポータルサイトの中に、クラウドファンディング型ふるさと納税のページが設けられています。

寄附金控除も受けられる

通常のふるさと納税の場合と同じく、確定申告やワンストップ特例制度を利用することにより、寄付額のうち2,000円を越える部分の金額が所得税や住民税から控除されます。

返礼品ももらえる

プロジェクトによっては、通常のふるさと納税と同じように、返礼品が提供されます。この場合でも、返礼品を選択せずに純粋な寄付を行うことも可能です。

▼社会貢献もしながら返礼品もゲットできる!ふるさと納税返礼品はこちらをチェック

ふるさと納税と「クラウドファンディング型ふるさと納税」の違い

通常のふるさと納税とは、以下の部分が異なります。

寄付金の使途がより具体的

クラウドファンディング型ふるさと納税では、地域の課題解決のためのプロジェクトが提示されます。

通常のふるさと納税でも、自治体によっては寄付金の使い道を指定することができ、「使い道」では地域の課題解決に関する選択肢が提示されます。しかしここで提示されるのは、「地域の自然保護」「移住・定住促進のための事業」など、大まかな目的の選択肢です。

一方クラウドファンディング型ふるさと納税では、より具体的なプロジェクトが提示されます。例えば愛媛県松山市では、以下のようなプロジェクトの寄付金を募集しています。

【第8弾】小説「坊っちゃん」の舞台 道後温泉本館を未来に遺したい!

【第8弾】小説「坊っちゃん」の舞台 道後温泉本館を未来に遺したい!ふるさとチョイス

多くの人から愛されている道後温泉本館は、建築から120年を超えた今もなお現役で営業し、年間80万人を超える入浴客が訪れます。しかし老朽化にともなう修理や、将来予想される南海トラフ地震への備えが必要な現状にあります。

国の重要文化財であり、しかも浴場を営業しながらの保存修理工事は、全国初の試み。増改築を繰り返した複雑な建物であることも加わり、かつてない大規模な修理工事となるプロジェクトの費用を募集しています。

温泉ファンには嬉しい返礼品も用意されています。

【1万円】お家で道後体験Aコース

【1万円】お家で道後体験Aコースふるさとチョイス

道後温泉本館の休憩室で使用されていた湯のみなど、道後温泉の気分が味わえるグッズと、なんと道後温泉本館の2年間のフリーパスや、2017年にオープンした道後温泉別館「飛鳥乃湯泉」の入浴券などがもらえます。

寄付金額 10,000円以上
自治体 愛媛県松山市
内容・量 ①道後温泉公式サイトへの記名(希望者のみ)
②プロジェクトメンバー名刺
③本館オリジナルタオル+湯のみ+飛鳥乃湯泉オリジナルタオル+本館入浴剤セット+みかん石鹸×2
④入浴優待券(本館2年パス+飛鳥乃湯泉入浴券2枚)

【3万円】道後・お城下めぐりCコース

【3万円】道後・お城下めぐりCコースふるさとチョイス

郷土料理などを堪能しながら、松山の2大観光地の街歩きが楽しめるお得なクーポンと、道後温泉本館の4年間のフリーパスや飛鳥乃湯泉の入浴券などがもらえます。

寄付金額 30,000円以上
自治体 愛媛県松山市
還元率 ①道後温泉公式サイトへの記名(希望者のみ)
②プロジェクトメンバー名刺
③松山・道後しらさぎパック×2+お気軽人力車体験とゆったり道後温泉別館 飛鳥乃湯泉+道後ぐるめクーポン❤和×2+お城下 ちょい飲みちょい食べクーポン
④入浴優待券(本館4年パス+飛鳥乃湯泉大広間利用入浴券2枚)

 

募集期間や目標額が決まっている

クラウドファンディング型ふるさと納税では、プロジェクトごとに寄付金の募集期間と目標額が決まっています。

寄付額が目標額に達しなかった場合も寄付金は返金されず、集まった金額がプロジェクトへ寄付されます。この場合も、寄付者は返礼品を受け取ることができます。

まとめ

クラウドファンディング型ふるさと納税では、プロジェクトの寄付金をふるさと納税の仕組みを通じて募ります。このため、寄付者は寄附金控除を受けることができます。

寄付金の使途は、通常のふるさと納税の場合よりも具体的なプロジェクトが示され、返礼品ももらえる場合もあります。興味のあるプロジェクトを見つけて、ぜひクラウドファンディング型ふるさと納税を行ってみてください。

 

マンガで分かるふるさと納税はこちらから↓↓
初心者さんいらっしゃい!マンガで分かるふるさと納税はこちらから↓↓