ふるさと納税サイトふるなびの口コミや評判は?人気家電や自治体を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ふるなびロゴ

税金を控除できる上に、牛肉などのお得な返礼品までもらうことができるふるさと納税。
少しでも節約したいと考える方や、何となく自治体の役に立ってみたいと考える方。
おいしいものやお得なものがほしいと考える方まで、一度はやってみようかなと考えた方も多いのではないでしょうか。しかし、いざやってみようと考えても、仕組みがいまいちわからないし、逆に損をしていないかと心配になったりもしますね。
そこで便利なのがふるさと納税のポータルサイト。
今回は、数あるポータルサイトの一つ、「ふるなび」をご紹介していきます。
ふるなびのサイトの特徴や運営会社、ダイソンやモンベルなどおすすめの返礼品まで紹介していきます!すぐにでもふるさと納税を活用できるようになること間違いナシ◎

ふるなびとは

ふるさと納税のポータルサイトとして、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
今では珍しくなりつつある、家電を返礼品として扱っていたり、コンシェルジュサービスやポイント制度など、多彩なサービスを受けることができるサイトです。

ポータルサイトを使うメリットとして、返礼品や寄付金額によって、自治体を選ぶことが容易になるという面がありますよね。
ふるなびでは、カテゴリ別はもちろん、ランキングや2種の検索がついているので、より応援する自治体を選びやすくなっています。

ふるなびの運営企業は上場企業アイモバイル

ふるなびの運営企業は「株式会社アイモバイル i-mobile Co.,Ltd.」。
東京に本社を置き、関西と九州に支社を持つネット、webメディアに特化した企業です。

企業が設立されたのは2007年8月。
ECサイトやアプリの開発、運営などを主軸に展開されていき、現在では国内最大のアドネットワークを構築。
そんな中「ふるなび」は2014年7月にオープン。
多くの自治体と契約を結び、豊富な返礼品や独自のサービスを確立、ふるさと納税のポータルサイトとして注目されています。

ふるなびのサイトの特徴

サイト登録自治体数は89件

ふるなびに登録されている自治体数は2017年5月現在「89件」となります。
基本的にポータルサイトの場合、掲載基準は今あるものすべてか、自社と契約をしている自治体かの2種類に分かれます。
ふるなびは登録数から見て、後者の自社と契約している自治体のみを掲載していることになりますね。

自社と契約をしている自治体のみを掲載しているので、いざここに決めた!と考えたときに、ふるなびからでは申し込みができないということがありません。
欲しいと感じた返礼品や、応援すると決めた自治体にそのまま寄付ができるので、スムーズに寄付を行いたいと考えている方にお勧めのサイトになりますね。

返礼品数は7000超でモンベルなど幅広い取扱い

品切れであったり、あらたな返礼品が追加されたりしているので、明確な数ではありませんが7000超の返礼品を扱われています。
登録されている自治体数を考えてみれば、驚くほど豊富な返礼品の数ではないでしょうか。

特に返礼品数日本一と言われている「静岡県焼津市」が含まれていることも大きいのでしょうね。
名産品から特産品、形のない代行サービスまで幅広い返礼品を扱われています。

ダイソンや日立など家電返礼品が人気

以前はどのポータルサイトでも多くの家電を扱っていたものですよね。
しかし総務省から「ぜいたく品禁止」の鶴の一声で、家電の扱いを中止したサイトも多く見られます。

そんな中、ふるなびでは以前と同じように、多くの家電を返礼品として受け取ることができます。
寄付金額はやはり高めにはなってしまいますが、あこがれだった家電をお得に受け取ることもできますよ。

マイページはリピーターに便利

結論から言えばふるなびにもマイページ機能はあります。
一度だけではなく、何度もふるさと納税を活用しようと考えるのならば、やはり会員登録をしておいたほうが便利ですよね。

ふるなびは会員登録をしなくても、寄付をすることは可能になっています。
しかし会員登録をしておけば、今までの返礼品の履歴や、申し込みから決済まで、全てをふるなび上で行うことができるようになるのでとても便利に。

ふるなびグルメポイントは独自のポイントシステム

ふるなびには独自のポイント制度である「グルメポイント」があります。
こちらは寄付をした上で、何かに還元できるポイントがもらえるというわけではなく、ポイントが返礼品の代わりになります。
ふるなびグルメポイントと提携した自治体に寄付をすると、寄付金額によって一定のポイントがバックされるシステム。

このポイントは即日発行で期限がないのがうれしいところ。
お食事券のように考えるとわかりやすいでしょうか、自治体自慢の高級食材を、プロの手によって味わうことができますよ。
返礼品と同じように控除の対象となります。

クレジットカード決済で寄附が可能

便利なクレジットカードでの決済も可能です。
その場で申し込みから支払いまで、すべてを済ませてしまうことができるので、払い忘れていた!なんてことがなくなるのもうれしいところ。
また、逆に上記で紹介したグルメポイントは、現在のところクレジット決済にしか対応していません。

そしてクレジット決済をするのなら、気になるのはセキュリティ関係。
ふるなびではクレジットカードで決済をしたとしても、ふるなび上に情報を保有していないので、安心できるのではないでしょうか。

ふるなびはポイントサイト経由で寄附は可能?

お小遣い稼ぎにポイントサイトを使っている、こんな方も結構多いのではないでしょうか。
嬉しいことにふるなびは、ポイントサイト経由でも申し込みをすることができます。

税金を控除して返礼品を受け取り、この上にポイントサイトからポイントまでもらうことができるなんて、とってもお得ですよね。
普段からポイントサイトを使っているという方は、サイト内で扱われていないか調べてみてはいかがでしょうか。
有名どころでは「GetMoney!」がふるなびに対応しています。

ふるなび利用者の口コミ・評判

ここまででふるなびの魅力を、だいぶ伝えられたのではないかと感じます。
しかし、実際に使ってみようと考えるのならば、本当のところはどのようなサイトなのかというのも気になりますよね。

口コミから見えてくるふるなびの評判は、一番に「家電の種類が豊富」ということがあげられます。
ほかのサイトでは扱い自体が中止になっているところも多いため、やはり家電がもらえるというのは大きなアドバンテージなのでしょうね。
ほかにも、フォームから直接申し込みができるのでサイトが使いやすい、サービスが豊富という声が多かったように感じました。

ふるなびでの人気自治体

長野県安曇野市

パソコンやVAIO Phoneなどの返礼品が豊富な、長野県安曇野市が大人気に。
長野県安曇野市にはソニーから独立したVAIOの本社があるので、ガジェット関係に強いのは納得できますね。

やはり人気の秘密はVAIOの製品が返礼品に使われていることでしょうか。
寄付金額が高めに設定されていますが、その分、扱われ始めたばかりのものや、これから販売されるものが先行で扱われていることもあるよう。
VAIOの製品が大好きという方には、とてもおすすめの自治体になりますね。

安曇野市VAIOの返礼品の還元率や寄附方法まとめ

茨城県日立市

こちらは言わずもがな、日立グループのお膝元の自治体になります。
やはり多くの家電製品を返礼品として扱っていることから人気が高いようですね。
もちろん家電ばかりではなく、日立市の名産品も多く扱われています。

新鮮なお野菜から地酒、宿泊券まで様々な返礼品が用意されている自治体なので、返礼品から選ぼうと考えた際に、選びやすい自治体と言えるのではないでしょうか。
家電が扱われていることだけではなく、人気の高い自治体として納得できるようですね。

ふるさと納税で貰える日立市のHITACHI家電リスト!還元率も

長野県飯山市

ふるさと納税の返礼品で、パソコンがもらえる自治体として話題になったことがある長野県飯山市。
テレビにも取り上げられたことがあるので、知っている方も多いのではないでしょうか。

手ごろな寄付金で返礼品としてマウスパソコンがもらえる、なんて聞けば人気が出るのも頷けますよね。
もちろんこちらも自然豊かな自治体で育てられたお米や、信州長野の名産であるお蕎麦なども返礼品として扱われています。

速報!2017年も飯山市へふるさと納税でマウスコンピューターが貰える!!

ふるなびで人気の返礼品

家電

K03ロボット家電COCOROBO 寄附金額110,000円(大阪府岬町)

多くのポータルサイトで家電の扱いを取りやめられている中、ふるなびではいまだ家電を取り扱っていますよね。
そんなふるなびでの人気の返礼品はやはり家電。

中でも税金を控除できる上に、あこがれのロボット家電が手に入るとなれば、活用しない手はありませんよね。
こちらのロボット掃除機は、ごみやほこりを逃さないのはもちろん、会話や音声での操作ができる優れもの。
ちょこまかと掃除を頑張っている姿だけでもかわいいですが、コミュニケーション機能までついているので、より愛着がわきそうですね。

【ルンバ・ミニマル・ルーロ】ふるさと納税で貰えるロボット掃除機まとめ

電子レンジ ヘルシーシェフ 寄附金額250,000円(茨城県日立市)

こちらの電子レンジは茨城県日立市からの返礼品。
加熱水蒸気を使いヘルシーな調理を可能にする、オーブンレンジです。
Wのスキャン機能で、食材の重さや表面温度をしっかりとはかってくれるので、焼きムラも少なく仕上がりますよ。

また、コンパクトな見た目とは裏腹に、中身の容量は大きくなっているので一度に多めの調理も可能。
1台あれば毎日の調理を簡単に、そして料理の幅を広げてくれる電子レンジです。

ふるさと納税で電子レンジやオーブンが貰える自治体まとめ【パナソニック・東芝・シャープ】

タイガー 土鍋圧力IH炊飯ジャー5.5合炊き -THE炊きたて-(JPX-2X) 寄附金額350,000円(佐賀県みやき町)

日本人だから毎日食べるお米にこだわっている、そんな方がおられるなら、炊飯器にもこだわってみませんか。
ふっくらと炊き上がる土鍋炊きを、炊飯器で実現したタイガーから出ている炊飯器も人気の返礼品に。

炊飯器本体と使われている窯、どちらにもしっかりと熱が伝わるように作られているので、一気に炊飯、そして蒸気による「蒸らし」をしっかりと実現。
本当に土鍋で炊いたようなふっくらとしたごはんに。
また特筆すべきはその香り、お米本来の華やかな香りを楽しむことができますよ。

2017年ふるさと納税で炊飯器が貰える自治体と還元率まとめ

パソコン

NEC LAVIE Direct NS(e) 2017年春モデル 寄附金額180,000円(山形県米沢市)

人気が高すぎて自治体の対応が追い付かないと、うれしい悲鳴を上げているのがこちらの返礼品。
2017年春モデルがすでに返礼品となっているので、人気が高いのもよくわかりますよね。

OSはWindows 10を搭載。
使いやすさを第一に考えているので、基本的にシンプルな作りをしています。
操作性と性能のバランスを見つつくみ上げられている分、普段使いから仕事にまで幅広く使いこなすことができるノートパソコンになっています。

ふるさと納税でNECレノボパソコンが貰える山形県米沢市総まとめ!

マウスコンピューター 8.9型2in1タブレットPC「WN892V2-IIYAMA(キーボード標準セット)」寄附金額55,000円(長野県飯山市)

パソコンの返礼品と言えば長野、と覚えている方も今では多いのではないでしょうか。
タブレットパソコンなので、自宅で使うにも出先で使うにも使いやすく、いつでも身近に感じられるので、初めてパソコンを使うという方でもとっつきやすいと考えます。

もちろんタブレットとしてだけではありません。
キーボードが標準装備されているので、お仕事の際にはパソコンとして使えばより便利に。
1台あれば公私を分けずに使うことができるので、どんな場所にでも持って行きたくなりそうですね。

Endeavor AT993AZM1 寄附金額300,000円(長野県安曇野市)

こちらは返礼品の中では珍しい、デスクトップ型のパソコン。
もちろんパソコン本体だけではなく、ディスプレイにキーボード、マウスまで一式揃っているので、届けばその日から使うことができるようになりますよ。

また、こちらは安曇野モデルという仕様になっていて、安曇野市の四季の風景写真が保存されています。
豊かな自然を誇る長野県の、のどかな四季の風景をパソコンで見るというのも乙なものですね。

2017ふるさと納税でディスプレイ&デスクトップパソコンが貰える自治体まとめ

ダイソン Dyson Pure Cool Link 寄附金額250,000円(佐賀県みやき町)

ダイソンのDyson Pure Cool Linkは扇風機ながら、空気清浄機にもなる優れもの。
暑い夏に締めきってクーラーを付けっぱなしにすると身体を悪くしますが、これなら同時に空気清浄もでき、一石二鳥です。

ふるなびではダイソンの掃除機や空気清浄機など様々な返礼品がありますが、このDyson Pure Cool Linkはこれからの季節に特におすすめです。

2017年ふるさと納税でダイソンが貰える自治体と還元率まとめ

家具

Konoji TV Board 150 寄附金額80,000円(福岡県柳川市)

素っ気ないほどシンプルなデザインながら、どこかおしゃれに感じるテレビボードも人気です。
こちらの返礼品の特徴は、合板などを使わずすべて本物の木である無垢材を使われていること。

しっかりとした1枚板なので、重さこそありますが長年使い続けても傷みにくいのがうれしいところ。
また、無垢材の特徴としてアレルギーが起こりにくいという面が。
小さなお子さんがおられたり、アレルギーが心配な方はもちろん、本当にいいものを長く使いたい方にもお勧めな返礼品です。

Easy Dining Table 200 寄附金額300,000円(福岡県柳川市)

温かみのある無垢材でのテーブルは、使うごとにその深みを増し、世界に一つだけの大切なテーブルになってくれるようですね。
少し大きめの200cmというサイズは、毎日の食事をとるダイニングテーブルとしても、ちょっとした雑務をするにも余裕のあるサイズ。

ごくシンプルなデザインでもあるので、どんなインテリアにでもマッチしてくれるのではないでしょうか。
シンプルでありながら上質な生活を送るというのは、実はとても贅沢なことかもしれませんね。
インテリアにはこだわりたいという方にぜひおすすめしたい返礼品です。

n'frame sofa I L(北の住まい設計社)寄附金額1,000,000円(北海道東川町)

インテリアの要になってくれるおしゃれなソファも人気の返礼品に。
エヌフレームのソファは、上質な無垢材をふんだんに使い、1台1台職人さんの手によって作り上げられています。
確かな品質を誇るだけに、寄付金額も高めになってしまいますが、その座り心地は安価な大量生産品とは比べるまでもありません。

また、ごくオーソドックスなデザインですが、ファブリックのチョイスによって北欧風にも見えますね。
おいしいものや便利なものではなく、おしゃれなものを返礼品として受け取りたいと考えているのなら、ぜひとも検討していただきたいソファだと感じます。

まとめ

今回は返礼品だけではなく、ふるさと納税を活用するにあたって使う、ポータルサイト「ふるなび」をご紹介してきました。
各自治体のHPからふるさと納税をするのも手ではありますが、これと言って決まった自治体や欲しい返礼品がない場合、やはり一つ一つ探すのは面倒ですよね。
効率の面から見てもポータルサイトを利用するほうがおすすめだと感じます。

また、各ポータルサイトにはそれぞれ特有のサービスがあったりします。
ふるなびはこのサービスの面からも、いろいろと使いやすいサイトだといえるのではないでしょうか。
そして返礼品で家電を受け取りたいと考えている場合も、やはりおすすめはふるなびです。
すぐにふるさと納税を活用してみようと考えていなくても、カタログを見るようにサイトを見ているだけでも楽しめると感じます。
どんなものがあるのか、ふるさと納税とはどのようなものなのか、楽しみながら知ることができる一助になれれば幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。