アウトドア好き必見!ふるさと納税でモンベルのポイント商品券が貰えるぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_product

アウトドアが好きな人で知らない人はいない人気のアウトドア用品専門店のモンベル。そのモンベルの商品券がふるさと納税で貰えるって知っていましたか?モンベルポイントバウチャーと言って、1年間のモンベルクラブ会員無料登録(既に会員の方は1年間有効期限が延長されます)と直営店とオンラインストアの両方で使えるポイントがセットになった商品です。還元率も高く、寄付額の50%のポイントがもらえ、ポイントも1ポイント=1円なのでとってもお得な返礼品です。
そこで今回はふるさと納税でモンベルの商品券がもらえる自治体、仕組み、寄付までの流れ、還元率など詳しく紹介していきます。アウトドアが大好きな人、これから始めようと持っている人にぜひ読んで損はしない記事ですよ!

ふるさと納税でモンベルのポイントバウチャーが貰える自治体は2つ

モンベルポイントバウチャーを返礼品として選択できる自治体は2つ、大阪府の千早赤阪村と長野県小谷村です。
千早赤阪村は、30,000円以上の寄付金から選べるようになっています。
小谷村は11,000円以上の寄付金から選べるようになっています。
詳しくは後ほど還元率と一緒に説明していきますね♪足

ふるさと納税のモンベルポイントバウチャーの仕組み

申し込み後1週間~10日ほどで自治体からではなく、モンベルから直接ポイント引換券が届きます。
店頭での購入は店に持って行くだけでOKですが、オンラインストアで購入する場合は裏面にあるURLかQRコードから手続き画面にアクセスし、IDとPINコードを入力することで使うことができます。
モンベルクラブの会員でない場合は会員登録が必要ですよ!
申込者と会員登録者が同じでないと使用できないので注意してください。

なぜモンベルの商品券が貰えるのか?

千早赤阪村と小谷村は自然豊かな環境で一年を通してアウトドアスポーツを楽しめる環境であることから、モンベル社とフレンドヴィレッジ提携をしており、モンベルクラブ会員がお得にアウトドアを楽しめるようになっています。この繋がりがあるからこそ可能な返礼品なんです!

ふるさと納税で貰えるモンベルのポイントバウチャーについて

モンベルポイントの寄附還元率

小谷村、千早赤阪村とも30,000円、60,000円、80,000円、100,000円、150,000円、300,000円、500,000円の寄付金でそれぞれ50%の還元率でポイントが付与されます。(小谷村は11,000円の商品もありますが、5000ptの付与なので還元率は45%です)

モンベルポイントの有効期限

ポイント自体に有効期限はありませんが、モンベルクラブ会員の有効期限(1年)が切れるとポイントは失効してしまいます。会員を継続する限りポイントは引き続き残りますが、更新料が1年間で1,500円かかるので要注意です!

モンベルポイントの寄附方法(小谷村・千早赤阪村)

申し込み方法はどちらの自治体もポータルサイトからの申し込みが可能です。忙しく日中時間がない人はクレジット払いが便利ですよ!それではどんなサイトがあるか紹介しますね♪

寄付&入手できるサイト

ふるなび、楽天のサイトでお申し込みができます。
(千早赤阪村は楽天でのお申し込みはできません)
クレジット払いしたいけど家にパソコンがないという人はスマートフォンに対応しているふるなびがおすすめですよ♪

品切れになることはある?再入荷は?

現時点では品切れはないようです。しかし平成28年に「金銭類似性の高いもの」は返礼品としてはいけないと総務大臣通知があったため、金銭類似性の高いモンベルポイントバウチャーはこれから先なくなってしまうかもしれません。アウトドアが好きな人、これから始めようと思っている人、この記事を読んで興味が沸いた人はすぐにお申し込みしたほうがいいですよ!

2017年はふるさと納税でモンベルの商品券を貰おう!

今回はふるさと納税で貰えるモンベルのポイントバウチャーをご紹介しました。アウトドア好きにはたまらない返礼品ですね!また還元率も50%と高還元率でお得度も満点。売り切れる前に寄附するのがおすすめですよ♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。